開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
東京都 2018/08/28開催

人工知能(AI)を、どのように業務に活かせばよいのか?

~ベトナムオフショアを活用し、小さく検証する方法~

概要

【注目される人工知能(AI)】
昨今、ディープラーニングなど人工知能(AI)の技術が急速に進歩しています。
2045年には、人工知能(AI)が人間を超える「シンギュラリティ」が到来するとも言われています。

【人間の仕事がなくなる?それとも人材不足の救世主?】
このような状況の中で、「人間の仕事が機械に奪われてしまうのではないか・・・」と不安に思う方もいらっしゃいますが、少子高齢化で人材不足に喘いでいる日本企業にとっては救世主となり得る存在です。

【でも、実際どのように業務に活かせばよいのか?】
しかし、人工知能(AI)は(少なくとも現時点では)単なる道具(ツール)です。
どのような業務でどのように活用し、成果をあげていくのかは、我々が考えなければなりません。

#検品自動化(画像認識)、売上予測、故障予測、顔認証、チャットボットなど
既に、検品自動化(画像認識)、売上予測、故障予測、顔認証、チャットボットなどは事例が出ています。
そのような事例を紹介しながら、人工知能(AI)をどのように業務に活かしていくのか、参加者と一緒に考えていきます。

【ベトナムオフショアを活用し、小さく検証する方法】
また、人工知能(AI)は、まずは実現可能性の検証から入ります。
そこで数百万円、数千万円もの投資を行うことは避けるべきです。
本セミナーでは、人工知能(AI)の研究機関を持つベトナムオフショア開発企業を活用することで、小さく検証する方法を紹介します。

★プログラム等は詳細ページをご覧ください。

開催日

2018/08/28 (火) 19:00〜20:30

エリア

東京都

主催

主催:NALヒューマンリソース/協力:オープンソース活用研究所

定員

17名

種別

無料セミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!