開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
東京都 2018/12/05開催

動き出す新ビジネス「情報銀行」

~米、英、仏最新動向、先行するアマゾン、アリババの戦略とGDPRとの関連~

概要

メディアコンサルタント

山崎 秀夫(やまざき ひでお) 氏

新しい産業革命(インダストリー4.0、ソサイエティ5.0)が産業界で広く認識される中、2018年9月から情報銀行の実証実験が始まった。情報銀行は内閣官房IT総合戦略本部がとりまとめた構想であり、データ資本主義を支える個人消費促進の要として期待されている。データは21世紀の石油としての活用が期待される一方、情報銀行においてはソーシャルメディアなどで問題となっている忘れ去る権利、EUのGDPR(一般データ保護規則)など個人による情報コントロールを強化する動きを尊重する運用が求められている。
本講演は、情報銀行の概要や海外の先行事例などを説明し、来るべき情報銀行時代への指針を示すものである。

1.データ資本主義の時代

2.情報銀行構想とは何か? ~認定基準など~

3.PDS(Personal Data Store)、
 情報銀行(情報利用信用銀行)、データ取引市場

4.どんなデータが対象か? ~個人情報の消費における価値は組み合わせ~
 ・金融(フィンテック)、医療・介護・ヘルスケア、人材、観光等の様々な分野
 ・方向はソーシャルデータよりも購買履歴が重要

5.個人情報活用の価値を示すアマゾン、アリババの凄いマーケティング
 ・ネットも店舗も保険も貸し付けも不動産賃貸も

6.様々な国内実証実験

7.海外の動き(英国、フランス、米国)

8.決済におけるキャッシュレス社会の役割の重要性

9.ブロックチェーンとの関わり

10.情報銀行の未来

11.質疑応答/名刺交換

開催日

2018/12/05 (水) 15:00〜17:00

エリア

東京都

主催

新社会システム総合研究所

種別

有料セミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!