開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
東京都 2018/11/07開催

第13回 BPMフォーラム 2018

“働き方改革”を支える「生産性向上」を追究 ~BPM/BPMSが「RPA」「AI」の真価を発揮させる~

概要

本フォーラムは、2006年3月に第1回を開催し、今年で第13回目を迎えますが、その間、「業務プロセス改革」の重要性を訴え続けて参りました。

昨年のフォーラムでは、政府が、3月に「働き方改革実行計画」を発表したことを受けて、「働き方改革」への対応には「プロセスの変革」の視点が重要であるとの提案をいたしました。
また、来年4月には「働き方関連法案」が、施行されることになりましたので、今や「働き方改革」が、今後の企業成長のために、避けて通れない戦略課題になっています。

その中で、日本経済団体連合会が、本年1月に発表した調査によると、「働き方改革」と「労働生産性の向上」を一体化して取組む方針にしている企業が79.4%に上り、改めて、多くの企業が、「働き方改革」を推進するために、「労働生産性の向上」を重視していることが分かります。

そこで、第13回BPMフォーラムは、企業の最重要課題である「働き方改革」を「生産性」の視点で捉え捉え直し、BPMの技術を活かした向上策を追求したいと考えています。

また、この数年、業務改革のツールとして注目されているRPA(ソフトウェアロボット)、AI(人工知能)の活用し、業務プロセスの自動化を実現する最新の方策について紹介いたします。

そして、経営環境が大きく変化し、「生産性向上」への新たな挑戦が始まりつつあることを鑑みて、昨年実施した実態調査をベースにして、さらに、深堀りした調査結果をご報告いたします。

開催日

2018/11/07 (水) 09:30〜17:30

エリア

東京都

主催

一般社団法人日本ビジネスプロセス・マネジメント協会

定員

450名

種別

有料セミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!