開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
東京都 2018/12/20開催

第10回 モノづくりの技術や運用ノウハウを情報処理する「エキスパートシステム」開発セミナー

プロセス業務を対象としたITシステム開発では「他社との差別化を図れない」この現実を変える取り組みの紹介

概要

【セミナー概要】

プロセス業務を対象としたITシステム開発により、各社は類似ツール/アプリ/
運用の導入による「差別化困難」な状況に陥っています。 
情報処理の対象を「各社の独自技術や運用ノウハウ‥」にも向け、モノづくり
業務全体をカバーするITシステム開発が必要です。
本セミナーは、技術や運用ノウハウ情報処理の考え方/具体的な構造&仕組み/
成果と共に、開発に必要な手順/手法/ノウハウを紹介します。

【プログラム】

※質疑応答を含み 計 3時間 のセミナーです。

 13:00~14:00 【モノづくりの現状とエキスパートシステムの違いを共有】

          業務プロセス改革を前提としたITシステム開発では、
          対象となった業務の効率/精度‥の改善は見られるものの、
          他社との差別化については、十分に貢献できていない
          実状があります。
          理由や原因を考えると共に、今後必要な「商品力として
          実を結ぶ業務」の改革方向性を紹介します。

 14:00~15:00 【次世代モノづくりを支える技術や仕組みの方向性を紹介】

          自由な活用が可能な情報処理をモノづくり業務に活かすに
          は、今まで人に依存してきた技術的な判断や運用上の判
          断‥等と同じ処理を情報処理化する必要があり、これらを
          処理する考え方、および技術情報処理の仕組みを実例で紹
          介します。

 15:00~16:00 【要求定義の具体化&モノづくり業務改革提案の手順/手法/
          ノウハウを紹介】

          技術や運用の情報処理は、曖昧な要求定義では開発するこ
          とができないため、ユーザーが自ら要求を具体化する必要
          があります。 これらの改革活動を進めるための手順/手
          法/ノウハウ‥を紹介します。

 
 ※途中、休憩が一回入ります。
 ※タイトルおよび内容は一部変更される場合があります。

開催日

2018/12/20 (木) 13:00〜16:00

エリア

東京都

主催

PLMレボリューション

定員

20名

種別

有料セミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!