開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
東京都 2019/11/20開催

リスクマネジメントと企業価値の最大化

~リスクとその対策~

概要

■ 講義概要
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 近年、業務の複雑化・テクノロジーの進化などにより、企業価値を大きく損なう不正・不祥事が多発しています。経営判断はますます難しくなり、ガバナンス・コンプライアンス管理の強化とともに、高度なリスク マネジメントが強く求められています。
 経営陣が企業価値を維持し最大化していくためには、経営の障壁となるリスクやそのリスクが及ぼす影響 (範囲) を明確に把握し、未然に防ぐための対策をあらかじめ講じ、不正・不祥事発生時の損失を最小化するために、より高度な経営管理を行う事が求められます。

 本セミナーでは、上場企業でCFOを歴任してきた元 日本電産 取締役専務執行役員 兼 最高財務責任者の 吉松 加雄 氏を講師にお招きし、日本電産が2大経営危機 (2008 年度のリーマンショックと 2012 年度の主力製品の需要急減) に際し断行した2つの企業変革と企業価値向上の取組等を事例に、CFOの役割の一つである、リスク マネジメント・ガバナンス・コンプライアンスの強化やグローバリゼーション リスクとその対策などについて解説していただきます。
 CFOとして組織のリスクをどう防ぎ、どのような対策を行ったか、など具体的な事例を元にお話し頂きます。監査部、内部監査、管理部門、コンプライアンス担当部門、リスク マネジメントなどに所属されている方のご参加をお待ちしております。

■ 講義内容
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・リスク マネジメント
・戦略転換と企業変革(転換期の脆弱性など)
・ガバナンスとコンプライアンス
・グローバリゼーション(リスクとその対策)
・M&AとPMI(発生しうるリスクをどう防ぐか、など事例からの改善点など)

■ 講師
 ̄ ̄ ̄ ̄
吉松 加雄 (よしまつ ますお) 氏
 首都大学東京大学院 経営学研究科 特任教授
 京都先端科学大学 客員教授
 一般社団法人日本CFO協会 主任研究委員

《 経歴 》
 慶應義塾大学 経済学部 卒業、スタンフォード大学 経営大学院 修了。
 東証一部上場企業2社のCFO、三菱電機の欧・米・亜の現地法人、サン・マイクロシステムズ日本法人、エスエス製薬のCFO、日本電産 取締役専務執行役員 最高財務責任者などを歴任。
 米国の金融専門誌“Institutional Investor”のCFOランキングで4回連続で電子部品セクターのベストCFOに選出。

開催日

2019/11/20 (水) 13:30〜16:30

エリア

東京都

主催

一般社団法人日本公認不正検査士協会

定員

44名

種別

有料セミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!