開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
東京都 2019/12/20開催

金融業界におけるAI・データアナリティクス活用の最新トレンド

~実効性を高めるための態勢構築とガバナンス~

概要

【セミナー詳細】
1.金融業界へAIがもたらすトランスフォーメーションと具体事例
(1)AIが金融業界にもたらす影響概況(WEF:世界経済フォーラムより)
(2)銀行/証券業界、保険業界など業界ごとの有望な活用領域
 (a)銀行/証券業界の活用領域
 (b)保険業界の活用領域
(3)国内の活用状況とグローバルの先進事例

2.AI・データアナリティクス活用を加速させる態勢構築と備えるべき要素
~ Insight Driven Organizationフレームワークに沿ったよくある課題とケイパビリティの具体論 ~
(1)戦略領域
 (a)WEF議論を踏まえたAI活用の戦略
(2)組織・人材領域
 (a)データサイエンスを進める組織形態の種類と特徴
 (b)具体的な事例を踏まえたはじめ方と拡大までの手法
 (c)必要となる人材像と現実とのギャップと解決策(採用、環境整備、人事制度、ツール活用)
 (d)組織体としての人材配置・ロール設定のベストプラクティス
(3)プロセス構築
 (a)データサイエンスを進めるためプロセス定義(ユースケース選別/実施要否)
 (b)基礎分析~分析企画までの考え方
 (c)本分析(データ準備、モデリングのポイントと課題)
 (d)モデル評価の視点
 (e)業務適用の流れとガバナンス
(4)データ収集・蓄積・流通・活用における潮流
 (a)データ収集:データ流通時代や2nd/3rdデータ活用のポイント
 (b)データ活用:レギュレーションの動向からみる注意点
(5)ガバナンス上の重要論点
 (a)AIガバナンスの考慮点
  (イ)AIライフサイクルと登場人物
  (ロ)AIリスクの識別と対応
  (ハ)AI品質の評価手法
 (b)データガバナンス:規制と実務の対応ポイント(プライバシー規制、BCBS239など)
 (c)データ関連新技術:新しい時代のデータ管理に対応する技術群(論理/物理データレイク、秘密計算など)
(6)テクノロジー
 (a)分析基盤の最新動向(クラウドベンダーのコンポーネント群、ノンコーディングツール群、分析自動化等々)の導入事例と効果
 (b)量子コンピューターへの先鞭(活用PoCの開始)
 (c)量子コンピューターによるサイバーリスクの増大

3.5年後の金融業界の変化と備え
(1)AIのビジネス適用のスピード感
(2)AI・データアナリティクスの活用で変わる5年後の金融
(3)今から準備/開始すべきこと

4.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCのご使用等はご遠慮ください

【補足事項】
※講師とご同業にあたる方・個人のご参加はお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。

開催日

2019/12/20 (金) 13:30〜16:00

エリア

東京都

主催

セミナーインフォ

定員

55名

種別

有料セミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!