開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
東京都 2019/12/09開催

「AIの首都」シアトルの最新動向

~AIスタートアップのエコシステムを紐解く~

概要

米国イノベーション・ファインダーズ・キャピタル CEO
江藤 哲郎(えとう てつろう) 氏

シアトルでは、マイクロソフト、ワシントン大学等からスピンアウトし、BtoBに特化したAI、ML、IoT関連のスタートアップの起業が盛ん。これらのスタートアップは、日本企業を事業提携先として求めている。高度なAI人材が集積し、グーグル、アップル、フェイスブックなどシリコンバレー大手、また百度、アリババ、テンセントなど中国大手企業も進出し研究開発センターを次々と開設中。シリコンバレーとの関係の変化と共にAIスタートアップのエコシステムを紐解く。
講演者の江藤哲郎氏は、シアトルにて日本企業と現地スタートアップとのマッチメイクイベントであるAI Meetupを過去3年半に14回主催。日本企業は累計200名参加し、数々の提携事例がある。日本企業はどうしたら彼らのイノベーションを効率的に取入れられるのかを解説する。

1.ビルゲイツを生み、ジェフベゾスが惚れ込んだ起業文化
   スタバ、コストコ、エクスペディア・・・グローバルブランド創りの聖地。

2.時価総額100兆円クラブGAFAMのAM2社はシアトルのAI二強
   世界61万人アマゾンの精鋭4万5千人が集結する新本社群。

3.AI勝ち組を育てる最強学府ワシントン大学
   予算は東大の3倍。ノーベル賞7名。人類のペインポイントに挑む。

4.高度AI人材が集積し、シリコンバレーから世界から大手が乗り込む
   GAFAMのGAF3社揃ってシアトルに研究開発拠点。日本のデンソー、DNPも。

5.日本進出が加速するAI、IoT、VR最先端スタートアップ
   日本企業はどうしたらいいのか?

6.質疑応答/名刺交換

開催日

2019/12/09 (月) 14:00〜17:00

エリア

東京都

会場

主催

新社会システム総合研究所

種別

有料セミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!