開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
東京都 2020/02/19開催

再生可能エネルギーの系統連系問題

~世界の動向と乖離がある日本では、何が問題で何を解決すべきなのか?~

概要

京都大学大学院 経済学研究科 再生可能エネルギー経済学講座 特任教授
安田 陽(やすだ よう) 氏

系統連系問題は日本の再生可能エネルギーの普及にあたって最大の課題であると言われている。しかし、日本の変動性再エネ導入率(2017年度7%程度、2030年に10%程度)では本来、技術的に顕著な問題は発生しないレベルである。一方、諸外国で議論されている系統連系問題は将来40~80%の再エネ大量導入を想定した議論であり、「系統連系問題」に対する考え方に内外で大きな乖離がある。
本講演では、世界の中で日本が置かれた立ち位置を再確認しながら、技術的要因と制度的要因に切り分けて日本の系統連系問題の根本問題を分析する。

1.国際動向編
 (1)世界における日本の立ち位置と「系統連系問題」の本質
2.技術編
 (1)そもそも「不安定電源」という学術用語は存在しない
 (2)バックアップ電源より柔軟性(フレキシビリティ)
 (3)蓄電池は最初の選択肢ではない
3.政策編
 (1)系統連系の根本原因としての原因者負担の原則
 (2)系統連系の基本思想としての非差別性と公平性
4.質疑応答/名刺交換

開催日

2020/02/19 (水) 14:00〜17:00

エリア

東京都

主催

新社会システム総合研究所

種別

有料セミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!