開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
東京都 2020/11/02開催

【会場受講】IBMQ×Pythonで学ぶ!量子コンピュータの基礎と金融計算

~最適化、高速モンテカルロシミュレーション、国内外の最新事例~

概要

【セミナー概要】
2020年は量子コンピュータの利用元年と呼ばれている。量子コンピュータはこれまで専門的な利用が主だったが、近年は広く多くの利用者に開放されはじめている。
amazon社がAWS上のAmazon Braket(Quantum Solutions Lab、Pythonコード)でまた、Microsoft社がAzure Quantum(Visual Studio、Pythonコード)で2020年から全世界に向けてパブリッククラウドで量子コンピュータを公開するのに合わせて、ここではどのように量子コンピュータを扱い、どのように今後活用されていくのかを基礎から事例を中心とした金融応用まで、IBMQ上でのPythonハンズオンをまじえて紹介する。
また、量子コンピュータの歴史を紐解くと、これまでの開発の経緯とこれからの展望が詳細に見えてくる。ソフトウェアを中心にハードウェアの発展状況を踏まえて、今後の展望も詳細に解説する。

■-------------------------------------------------------------■
セミナー難易度チャート *以下のような方を対象としています*
データ分析:★★★☆☆(実務~1年程度あり)
統計処理・プログラミング:★★☆☆☆(学習経験あり)
機械学習:★☆☆☆☆(未経験者OK)
ビジネス力:★★☆☆☆(実務経験~1年目程度)
※必ずしもチャートに該当せずともご受講いただけます。目安としてご参照ください。

【セミナー詳細】
1.量子コンピュータとは
(1)量子コンピュータとは
(2)量子コンピュータの種類
(3)量子コンピュータとアプリケーション

2.IBMQの使い方
(1)IBMQとは?
(2)画面の見方
(3)プログラミングの仕方
(4)例題:量子コンピュータのプログラミングを体験してみる

3.例題3つ
(1)グローバーのアルゴリズム
(2)量子位相推定
(3)NISQアルゴリズム

4.金融の事例
(1)ポートフォリオ最適化問題
(2)モンテカルロシミュレーションの高速化
(3)国内金融機関のアプリケーション事例
(4)海外金融機関のアプリケーション事例
 (a)コモンウェルスバンク
 (b)JPモルガンチェース他

5.質疑応答 ※ 講義中の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。

開催日

2020/11/02 (月) 13:30〜16:30

エリア

東京都

主催

セミナーインフォ

定員

48名

種別

有料セミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!