開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
東京都 2020/11/27開催

ゼロトラストセキュリティ実装ウェビナー

~これだけは対策しておきたい。ゼロトラスト実現の具体策~

概要

クラウドやテレワークの普及により守らなければならない情報資産の保管場所や利用者が内部だけでなくなったことにより境界防御に基づいたセキュリティの概念が大きく変わりました。またサイバー攻撃はより高度化しています。
ゼロトラストの概念を理解できたとしても実際にゼロトラストへ移行するには何から始めて何をどう進めていけばよいのか課題をお持ちの方も多いかと思います。
本ウェビナーでは効率よく効果的に「ゼロトラスト」を実装するポイントを解説するとともにエンドポイントネットワークID管理などにおける具体的施策を紹介します。

14:00~14:40
セッション1
効果的・効率的な「ゼロトラスト」の取り込み方
~組織にあったゼロトラストのモデルはあるのか~

COVID-19対応からテレワークが組織の働き方として定着している組織も増えてきている。おのずとクラウドサービスの利用が進み組織の情報資産が社内ネットワークだけではなくインターネット上にも所在するようになっている。

管理範囲は拡がりネットワーク・セキュリティに依存する形からエンドポイント・セキュリティを確保し認可・認証技術を活用しサーバ上のデータアクセスを堅牢化するゼロトラストモデルに向かう動きが加速している。そんななか人に個性があるように組織のIT利用形態にあったゼロトラストモデルがあると考える。

本セッションでは次世代セキュリティ技術をうまく活用し効果的・効率的に「ゼロトラスト」を実装するポイントを解説する。


14:40~15:10
セッション2
ゼロトラスト時代におけるインシデント対応のポイント
~EDRを活用した最適なエンドポイント対策~

ゼロトラストセキュリティを考えるうえで外部からの脅威に対してエンドポイントをどのように保護するかが重要な観点となる。特にサイバー攻撃対策といった点においてはエンドポイント対策の優先順位を上げて検討しているケースが多く見受けられる。

本セッションではゼロトラストモデルにおけるEDRの重要性を示しつつ導入検討のポイントやマネージドサービス(MDR)を活用によるメリットを紹介する。


15:10~15:20
休憩

15:20~16:00
セッション3
NetskopeとOktaで実現する新時代のネットワークセキュリティ
~セキュアで効率的なプラットフォームやID・アクセス管理によりクラウドの力を最大限に~

昨今のクラウド利用増加やテレワーク移行にによってIT環境が急速に変化しているが既存のセキュリティで無理に対応していないだろうか?情報の保存場所が変わったことによる情報漏洩リスクや非効率な通信経路によるパフォーマンス低下など企業のIT担当者の悩みは尽きない。

本セッションではセキュアで効率的なテレワーク環境を実現するクラウド型ID管理・統合認証サービス(IDaaS)「Okta」と利便性を落とさずにクラウドを安全に活用できるクラウドセキュリティプラットフォーム「Netskope」を紹介する。また当該製品の機能連携による更なるセキュリティ強化や運用負荷の軽減等のメリットについて解説する。


16:00~16:30
セッション4
ゼロトラモデルで考える企業のインターネット・ネットワークインフラ
~ネットワークセキュリティ設計から監視・運用まで ~

クラウドサービスの利用増加やテレワークの急速な普及によって企業におけるインターネット・ネットワークインフラや情報セキュリティ対策の在り方に変化が求められている。そんななか環境の変化に対応するため新しいセキュリテイモデルであるゼロトラストモデルに注目が集まっている。

本セッションではゼロトラストモデルにおいて採用されるEDRCASBZTNA/SDPといった新しいセキュリティ対策をどのように組み合わせて利用するかネットワークセキュリティ設計から監視・運用におけるポイントを解説する。


16:30~17:00
アンケート回答&質疑応答

開催日

2020/11/27 (金) 14:00〜17:00

エリア

東京都

主催

NRIセキュアテクノロジーズ

種別

オンラインセミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!