開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
オンライン 2021/03/04開催

【DOKODEMO受講限定・Zoom配信】Maples Groupが語るケイマンファンド・ストラクチャー

~投資家、ファンドマネジャー、オペレーターが留意すべきキー・ポイント~

概要

【セミナー概要】
Maplesグループによる本セミナーは、投資家、プロモーターおよびサービスプロバイダーを対象とした、日本向けケイマン・ファンドに関する投資、運用および管理の解説となります。
本セミナーは(1)ユニットトラスト、(2)免除リミテッドパートナーシップ(プライベートエクイティ)、(3)会社型ファンド(ヘッジファンド)および(4)各ファンドに影響を及ぼすレギュレーションの概説の4部構成となっております。各セッションでは、それぞれケイマン・ストラクチャーにおける重要なポイントをご説明いたします。
本セミナーは、日本語のネイティブスピーカーである范宇晟が日本語で行います。各セクションは、Maplesグループのジャパニーズ・ファンド、プライベートエクイティ、ヘッジファンドおよびレギュラトリー・チームの専門家の協力のもとに作成されたものであり、質疑応答では各専門家が質問に直接お答えいたします。

【セミナー詳細】
1.ユニットトラストについて
(1)ユニットトラスト・ストラクチャー
 (a)アンブレラvsスタンドアローン
 (b)単一当事者による信託証書vs当事者二名による信託証書
(2)各当事者の役割
(3)アンブレラ・ユニットトラスト・ストラクチャーにおけるサブファンド間の
クロス・コンタミネーションリスクの有無
(4)ユニットトラストにおける独立した法人格の不存在およびこれに伴う取引における受託者および投資マネージャーの役割
(5)プライベートエクイティ型ユニットトラスト

2.免除リミテッドパートナーシップ -ELP-(プライベートエクイティ)について
(1)ELPがプライベートエクイティファンドストラクチャーにおけるグローバルなゴールドスタンダードとされる理由
(2)GP/ELP型ストラクチャーの設立方法
(3)GP/ELP型ストラクチャーの主な特徴
(4)プライベート・ファンド法-PEファンドに適用される近年の規制

3.会社型ファンド(ヘッジファンド)について
(1)典型的なヘッジ・エンティティの種類
(2)ドキュメンテーション
(3)ケイマン諸島金融庁(CIMA)登録制度-オープンエンド型ファンドに適用される規制

4.各ファンドにそれぞれ適用される主要なレギュレーションについて
(1)反マネーロンダリング法(AML)
(2)金融口座に関する自動的情報交換(AEOI)
(3)ケイマン・データ保護法
(4)証券投資事業法
(5)経済実体法
(6)ミューチュアル・ファンド法
(7)プライベート・ファンド法

5.質疑応答 ※ 講義中の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。

【補足事項】
※講師とご同業にあたる方・個人のご参加はお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。
※講師は香港からオンラインで講演いたします。

※こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。本セミナーは会場受講はございませんので、ご注意ください。
※本セミナーはZOOM(アーカイブ配信あり)を利用して配信します。

開催日

2021/03/04 (木) 09:30〜12:30

エリア

オンライン

会場

主催

セミナーインフォ

定員

55名

種別

有料セミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!