開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
オンライン 2021/03/10開催

今日本のIoTデバイスメーカーに必要なセキュリティ対策とは?

~米国でIoTサイバーセキュリティ法案が承認。今から始めるIoTデバイスの脆弱性可視化~

概要

昨年の12月4日に米国上院にてIoT Cybersecurity Improvement Act of 2020が承認されました。
承認から90日以内にNIST(米国国立標準技術研究所)はIoTセキュリティスタンダードを発行予定、2年以内に米国連邦政府はNISTが発行するIoTセキュリティスタンダードに準拠するデバイス以外は、調達・使用を禁止するとしています。
本法案をきっかけに、近い将来IoTデバイスへのセキュリティ対策は、日本においても必要不可欠な対策となると考えられます。

実際、有価証券報告書へサイバーセキュリティリスクを開示する企業が増加しているなど、国内におけるセキュリティ意識は徐々に高まっており、セキュリティは企業の経営課題、優先的に取り組むべき事項となってきています。IoTデバイスといった製造物に対してのサイバーリスク対策もそのうちの一つです。

本セミナーでは、対策が迫られているIoTデバイスのセキュリティについて、最新の脆弱性情報も織り交ぜながら、今から始められるIoTデバイスの脆弱性対策について解説します。

開催日

2021/03/10 (水) 12:00〜13:00

エリア

オンライン

会場

主催

マクニカ / マクニカネットワークス

種別

オンラインセミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!