開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
オンライン 2021/07/02開催

【第2回】生産現場におけるデータ収集の仕組みと活用のオススメ

人と機械のデータ収集、ロスは見える化できていますか?

概要

昨今、コロナウイルスが世界経済へ大きな打撃を与える中、製造業において、各地で生産停止などの大きなインパクトを受けています。

このような状況下、市場で生き残るためには、DX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みが不可欠となっています。

本セミナーは、生産現場が抱える課題を解決する現場デジタライゼーションに関する紹介と、ジェイテクト社の協力により、「稼働アップNavi」について、工程の着手完了を見える化した事例を交えて紹介します。

あわせて、日立システムズが実現する現場データ収集の仕組みつくりを紹介します。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

■対象者
・製造現場のデジタル化にご興味のあるお客さま
・データの収集・活用に課題を感じているお客さま
・製造業のお客さま
・DXを推進する部門のお客さま

■受講形態
 本セミナーは、オンデマンド配信です。
 開催日の11時~15時の間であれば、2セッションをすべてご自由にご覧いただくことが可能です。

■参加費:無料(事前登録制)

■プログラム
「生産現場におけるデータ収集の仕組みと活用のオススメ」

デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みにおいては、材料となるデータがなければなりません。
特に作業者の負荷が大きいデータ収集は、大きな課題となっております。

本プログラムでは、生産現場でのデータ収集の仕組みと活用について、わかりやすく解説します。

日立システムズ

「作業工程の着手完了見える化事例の紹介」

作業者に負荷をかけず、工程の着手完了データを収集して作業ロスやボトルネックを見える化した事例について紹介します。

ジェイテクト

※プログラムは変更が生じることがありますので、あらかじめご了承ください。

■備考
・定員に達し次第、受付を終了いたしますので、あらかじめご了承ください。
・Sier、同業他社などはお断りさせていただく場合がございます。

開催日

2021/07/02 (金) 11:00〜15:00

エリア

オンライン

主催

日立システムズ

協賛

ジェイテクト

定員

20名

種別

オンラインセミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!