開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
オンライン 2021/07/15開催

【ウェビナー】学校法人慶應義塾様「大学×ワークフロー×ローコードプラットフォーム」活用事例

概要

テレワークが定着する中、今後のニューノーマル時代に向け、脱ハンコ、ペーパーレスを目的に、承認業務の電子化は必須となっております。
電子承認・電子決裁システム「楽々WorkflowII」は、企業内でのあらゆる申請・承認・決裁のワークフローを電子化し、業務効率化を実現するパッケージソフトです。

単純な申請業務を今すぐにでも電子化したいというお客様だけでなく、全社共通のワークフロー基盤としてERPなどの基幹システムと連携させた本格的ワークフローを実現したいお客様まで幅広く利用できる柔軟性の高いシステムとして、2005年の発売以来、多くのお客様に導入され、高い評価をいただいております。

■#1 学校法人慶應義塾様
「大学×ワークフロー×ローコードプラットフォーム」活用事例
学校法人慶應義塾様では、以前は紙中心の業務フローが数多く残っていましたが、2020年4月より稟議の承認を「楽々WorkflowII」を使用した電子決裁に変更されました。
執行部会議の電子化を行う際に、議題の一覧画面を「楽々Framework3」で開発し、「楽々WorkflowII」と連携することで、スムーズな決裁フローを構築されました。
その検討から開発の過程と現在の運用をご紹介いただきます。

【講演者】
学校法人慶應義塾
デジタルアドミニストレーションオフィス
課長 下山 千尋 様

開催日

2021/07/15 (木) 15:00〜16:00

エリア

オンライン

主催

住友電工情報システム

種別

オンラインセミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!