開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
東京都 2021/08/26開催

新たな産業地図と事業・サービス創造

【アフターコロナがもたらしたグレートリセット】-DXとリーンキャンバス2.0で考える次世代のビジネス-

概要

■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信

【講師】
ICTソリューション・コンサルティング
代表取締役社長
デジタルイノベーション研究所
代表/クリエーター
冨永 孝(とみなが たかし) 氏

【重点講義内容】
2020年に広がった新型コロナは、医療や社会生活だけでなく、政治、経済、文化そしてビジネスまで一変させてしまいました。
グレートリセットで解体する従来のビジネス、そして、デジタルバリューチェーンのもとで再構築されるビジネス。
そのビジネスの作り方は、従来の自社/競合/市場の戦略要素を業界他社より上手く組み合わせることによってだけでは生まれません。そのポイントは、
 ● 新たな業界地図を知る(新産業地政学)
 ● 新たな業界地図で自社をプロットする(新住所、コアコンピタンス)
 ● 新たな事業、サービスを構築する(サービス創造)
 ● 従来事業から新事業へと組織、人材を移行する(トランスフォーメーション)
 ● 新たな事業、サービスを成長させる(顧客ロックイン、インテリジェンス)
の5つです。本講義では、
 ● 新たな産業地図を理解するための、デジタルバリューチェーン
 ● 企業を変革推進ための、DXフレームワーク
 ● 事業/サービス創造のチェックポイントための、リーンキャンバス
の3つのツールを解説することで、アフターコロナの事業/サービス創造の流れを理解していただきます

1.プロローグ
 -アフターコロナがもたらしたグレートリセット
 -新たな社会課題(SDGs、カーボンニュートラル)の本質
2.新たな産業地図を理解する
 -デジタルバリューチェーンとは
 -新たな産業地図を理解しないと大変なことに
 (名門企業の失敗とGAFAMの成功、従来の戦略ツールの限界)
3.企業変革を鳥瞰する
 -DXフレームワークとは
 -大企業の事業変革は至難の技
4.事業/サービスを作る
 -リーンキャンバスとは
 -リーンキャンバスの活用方法と陥りやすい罠
5.エピローグ
 -グレートリセットは、名門、大企業すら飲み込む
 -日本企業の復活に向けて
6.質疑応答/名刺交換

※プログラムは最新動向を踏まえ変更する可能性があります。

開催日

2021/08/26 (木) 09:30〜12:00

エリア

東京都

会場

主催

新社会システム総合研究所

種別

オンラインセミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!