開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
東京都 2021/09/07開催

都市開発イノベーション -すぐそこにある未来

~次の展開を見据えた社会実験とビジネスモデル~

概要

■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信

【講師】
東京都市大学 都市生活学部 教授
山根 格(やまね ただし) 氏

【重点講義内容】
建築都市開発の目的は、経済的価値のみならず、都市や地域における社会的価値を創造することだ。質の高い都市景観や都市空間は都市の魅力を向上させる。生成された都市機能は、生活の豊かさと楽しさの創出、新しいビジネスやサービスの創造発信、賑わい・文化情報発信・交流の場と機会を提供する。 
コロナ禍が1年以上続き、終息が見えない状況で、建築都市開発において、考え方やメソッドをイノベートすべき課題が徐々に浮き彫りになってきた。今回はそれらに焦点を当てて次の展開に向けての様々な実験や実例を紹介したい。1つ目はOn lineでの業務や教育が主体となっていく中での横断型人材の育成。2つ目はESG投資、SDG‘s、環境・エネルギー、コンセプト、デザインなど世界基準での組み立てが求められる時代の、往来が制限された時の海外の知恵との協同。3つ目が拠点の分散・多極化・個別化が進んでいく中での郊外再生の取り組みと、公共性と収益性を両立するビジネスモデルである。

0.すぐそこにある未来 都市開発イノベーション
 (1)Beyond Boundary 働き方、生き方、楽しみ方の構造転換
 (2)Open Platform ICT技術を活用してフェアな枠組みを創る
 (3)New Public 個人、組織、社会の新しい関係を築く
1.プロジェクトマネジメントと人材の育成
 (1)プロジェクトマネジメントの重要性と10の領域
 (2)企画力、マネジメント力、国際感覚の育成
2.On lineの特性を活かした海外の知恵との協同
 (1)都市開発はなぜ世界の知恵と協同すべきか
 (2)レクチャー、プレゼン、レヴューのループで成果を練り上げる
3.社会的価値の創造と収益性の両立を考える
 (1)郊外を都心劣化型から魅力的な拠点に変えていく
 (2)公共空間と収益施設の相乗効果
4.質疑応答/名刺交換

開催日

2021/09/07 (火) 14:00〜16:00

エリア

東京都

会場

主催

新社会システム総合研究所

種別

オンラインセミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!