開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
オンライン 2022/01/14開催

メタバースビジネスのシリコンバレー最新動向

【この流れはハイプかリアルか】

概要

■ライブ配信 ■アーカイブ配信

【講師】
米国 VentureClef社 代表/アナリスト
宮本 和明(みやもと かずあき) 氏

【重点講義内容】
Facebookは、社名を「Meta」に変更し、メタバース(Metaverse)企業となった。メタバースとは、3D仮想空間で、次世代のインターネットはここに構築される。メタバースは、現実空間と仮想空間を融合したもので、我々はこの空間で、アバター(デジタルツイン)を介して交流し、ビジネスを運営する。
米国の巨大テックやスタートアップが一斉にメタバース開発を加速している。MicrosoftはMR(複合現実)機能やMRヘッドセットを中心に企業向けメタバースを提供。Nvidiaは高精度なデジタルツインを生み出し、企業向けにソリューションを提供。スタートアップは時代を先取りするメタバース・ビジネスを生みだしている。
このセミナーは、メタバースとは何かを基礎から解説する。また、メタバースでどんなビジネスが生まれているかをレビューし、これからのビジネスチャンスを考察する。セミナーではビデオや音声などマルチメディアを用い、メタバースを分かりやすくビジュアルに解説する。

<1>Facebookはメタバース企業となる
 1.メタバースの概要
 2.メタバースを構成する技術
 3.ARグラスとMRヘッドセット開発
 4.メタバースを支えるAI技法
<2>企業向けメタバース
 5.Microsoft:MRコラボレーション
 6.Nvidia:デジタルツイン技術
 7.スタートアップが開発する革新技術
<3>消費者向けメタバース
 8.Epic Games:メタバース・エンジン開発
 9.Roblox:メタバース向けコンテンツ開発
 10.Apple:ARグラスとモバイルAR
<4>メタバースとビジネスチャンス
 11.メタバースをどう解釈すべきか
 12.メタバースが生み出すビジネス
 13.メタバースは技術革命かハイプか
 14.質疑応答

開催日

2022/01/14 (金) 09:30〜12:30

エリア

オンライン

主催

新社会システム総合研究所

種別

有料セミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!