開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
オンライン 2022/01/21開催

ヘルスケア産業政策2022年の動向PHRの推進と「NOBORI」の戦略

概要

■ライブ配信 ■アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可)

【重点講義内容】
Ⅰ.パーソナル・ヘルス・レコードの推進とこれからの健康づくり

経済産業省 商務・サービスグループ
ヘルスケア産業課 総括補佐
藤岡 雅美(ふじおか まさみ) 氏
13:00~14:00

ヘルスケア分野におけるデジタル技術の活用によって、多様な生活背景をもつ国民1人1人に最適な予防・健康づくりを実現することが可能となります。政府で推進するデータヘルス改革の重要な柱であるパーソナル・ヘルス・レコード(PHR)を中心に、最新のヘルスケア産業政策動向をご紹介するとともに、それらを踏まえた、これからの健康づくりの在り方についてご紹介します。

1.データヘルス
2.パーソナル・ヘルス・レコード(PHR)
3.予防・健康づくり
4.ヘルスケア産業政策
5.質疑応答

Ⅱ.PHRアプリ「NOBORI」を使った医療情報の活用

NOBORI 代表取締役社長
依田 佳久(よだ よしひさ) 氏
14:10~15:10

2012年10月より厚生労働省の通知を起点として、民間事業者として医療情報(画像情報)のクラウド管理のサービスを運営している経験に基づき、同クラウドシステム基盤をベースとして、2020年より、民間PHRシステムとして、患者さんがスマートフォンで自身の診療の記録を閲覧・管理するサービスを運営している。
本セミナーでは、民間運営の先駆的PHRサービスの概要と、導入した医療機関の事例、個人及び医療機関との契約関係、さらに実際の利用者のアンケート結果などをもとに、一般生活者がPHRをいかに活用できる可能性があるのかご紹介します。

1.NOBORI PHRサービスの特徴
2.導入医療機関での運用事例
3.PHR利用者からのフィードバック
4.PHRを使った医療情報連携の可能性
5.質疑応答

開催日

2022/01/21 (金) 13:00〜15:10

エリア

オンライン

主催

原総合知的通信システム基金

種別

オンラインセミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!