スポーツ版ビッグデータ。これによって、さまざまな活用が可能になる
(出典:舘氏講演資料)