開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社マクニカ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/05/18

既存のセキュリティ対策では防げない?ファームウェアの脆弱性や改ざんを狙う最新の脅威と、その対策方法とは

株式会社マクニカ
ネットワークスカンパニー
第1技術統括部第2技術部第1課
石幡 大輔 氏

2019年以降、相次いでSSL-VPN機器等の非常にクリティカルなOS等の脆弱性が報告されました。これにより、攻撃者は今まで侵入することが困難とされてきた境界型多層防御や監視を迂回する形で極めて容易に侵入することが出来るようなったため、OSの脆弱性を突いた攻撃を仕掛けるようになりました。また、これまでは対策されてこなかった「OSより低いレイヤの脆弱性(ファームウェアの脆弱性)」にも、攻撃者は目を向け始めており、今後益々包括的な対策が求められます。本セミナーでは、OSより低いレイヤに存在している脆弱性に対するセキュリティソリューションとして、Vulnerabilities Below the Operating System(以下、VBOS)という新しいジャンルのセキュリティ対策が注目されつつあり、その唯一の対策製品であるEclypsium社の製品、及び特徴について説明いたします。

※SBクリエイティブ株式会社(ビジネス+IT)主催、2022年3月25日「Security Management Conference 2022 Spring」より

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!