ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

IT導入支援情報

IT導入支援情報検索結果

PR
157件のIT導入支援情報がありました
表示件数

【ジャンル】業種・規模別

  • 眼鏡フレーム、眼鏡レンズ、サングラスの製造販売及び輸出入等を手がけるインターメスティックは、眼鏡量販店「Zoff」の直営および加盟店による店舗展開を行っており、直営店は国内で180店舗超、海外においては中国にすでに15店舗超を構える。お客様ファーストを経営理念に掲げる同社は、店舗での接客の質向上やスピード化、オムニチャネル化を目指し、2015年からiPadを用いた業務オペレーションの最適化に着手。同時に、これまで紙と画像で管理していた...

  • ブラザー工業には「ブラザー・バリュー・チェーン・マネジメント(BVCM)」と呼ばれる独自のマネジメントシステムがある。製品の企画・開発から設計、製造・販売・サービスをシームレスにつなぎ、現在および未来の「お客さまの声」に答え続けていくというコンセプトだ。このBVCMをPLMによって進化させている。従来からあったBVCMだが、業務間/部門間の連携に人が介在していたために、一気に高速化することはできなかったという。本資料ではブラザーの課...

  • 従来のビジネスモデルを破壊する「ディスラプター(破壊者)」が台頭している。彼らは斬新で豊かな発想と企画力、迅速な行動力を持ち、人工知能(AI)やブロックチェーン、IoTといった先進テクノロジーを駆使しながら既存の産業構造に風穴を空けている。これから企業が生き残るには、先進テクノロジーを活用するすべを彼らから学ぶ必要がある。早稲田大学ファイナンス総合研究所 顧問で一橋大学名誉教授の野口 悠紀雄氏、SOMPOホールディングス 常務執行...

  • ビジネスのデジタル化は、小売業にも大きな変革をもたらしつつある。その中でも、東急ハンズは早くからITを活用し、ビジネスのデジタル化に取り組んできた先進的な企業として知られる。もちろん、スマホアプリもいち早く開発し、積極的に活用している。長年、同社で顧客視点のデジタル化の取り組みに関わってきた営業企画部の本田 浩一 氏が、その内側で考え、悩んでいたことを赤裸々に語った。

  • 大手金融投資情報サイト「みんなの株」で取引ツール第1位に選出された岡三オンライン証券株式会社。競争の激しいネット証券業界において持続的に収益を伸ばすためには、「ロイヤルカスタマー」増加が鍵だという。既存顧客の利用を活性化させ、「ロイヤルカスタマー」を理解する。さらに新規顧客施策においても、単純な広告投資のみならず「ロイヤルカスタマー」になってくれる顧客に注力する。本資料では、マーケティングの革新のために、データ統合型マ...

  • インターネットやモバイルの発展、クラウドの普及により、顧客の購買体験は大きく変わってきた。小売業にも「デジタルシフト」の波が押し寄せている。変革を迫られる小売業に求められるのは、あらゆる「データ」を有益な知見に変えていくことだ。元セブン&アイホールディングス 執行役員CIOで、現在はデジタルシフトウェーブ 代表取締役をつとめる鈴木康弘氏らが、小売業の「デジタルシフト」のポイントや、先進企業によるデータ活用の最新事例について...

  • コンタクトレンズ、メガネ、補聴器の販売事業を行う銀座メガネ。同社では発売される商品数が急増し、従来の研修やメールでは、最新の製品情報をリアルタイムにスタッフへ伝えることが困難になっていた。そこで、同社はiPadの活用に乗り出す。本資料では、同社およびネッツトヨタ富山、ベネトンジャパンが実践した接客力強化方法を紹介する。

  • 出店戦略や店内の品揃えなど「データ活用」の先駆者であるコンビニ業界も、IoTやAIを活用し、新たな価値を創造しようと取り組んでいる。専用の買い物かごと専用レジにより、自動的に精算、袋詰めまで行ってくれる「レジロボ」の実証実験で注目を集めるローソン。同社はテクノロジーをどのように経営に活用し、「データドリブン」な経営を行っていくのか。同社が掲げる「次世代コンビニ」の姿について、同社 執行役員 オープン・イノベーションセンター長...

  • 人工知能(AI)は、いまあらゆる分野で革新を起こそうとしている。2045年に起きるとされるAIが人間の能力を超えるシンギュラリティを待つまでもなく、2017年の現在も、AIによる変革は静かにかつ確実に進行している。小売業界も例外ではない。EC台頭、人手不足、消費市場減少と「三重苦」に悩む小売業界も、AI、中でもディープラーニングにより、従来とはまったく異なる方法で業界のルールや常識を変える動きが広がりを見せている。その担い手は、人工知...

  • 実際の利用環境に近い、高負荷、高干渉下で、世界トップクラスの802.11acおよび802.11nワイヤレス アクセス ポイント (AP) 19製品のパフォーマンス テストをCroatian Academic and Research Network (CARNet) が実施した。本資料では、業界標準のテスト ツールを使用して、12、23、36、60台と順次、接続クライアント数を増やす複数のプログレッシブ テスト シナリオでストレス試験を実施した結果について紹介している。

  • IoTをきっかけに、これまでITとは無縁と思われていた企業でさえもデジタルビジネスに取り組む動きが活発化している。自社の製品や設備にセンサーを設置し、収集したデータを既存ビジネスの改善や新規ビジネスに役立てる流れだ。しかし、実際に取り組みをはじめてみると、さまざまなハードルがあるのも事実だ。電力メーターやスマートメーター、エネルギーマネジメントシステム等を開発・販売する大崎電気工業も、この新たなマーケットであるIoTビジネス...

  • 働き方改革を実現するためには、言うまでもなく業務効率化への取り組みが欠かせない。社員の生産性を上げる環境づくりが求められる中で、どうすればユーザーの利便性やセキュリティを保ちつつ、業務効率化できるのだろうか。2017年2月24日にスタートしたプレミアムフライデーをいち早く採り入れるなど、働き方改革を推進する大和ハウス工業が、現場で仕事が完結できるモバイル業務システム構築などの取り組みの成果を語った。

  • 新規サービス立ち上げ等のインフラとして、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azure、Google Cloud Platformといったパブリッククラウド(クラウド)を積極活用する企業が増えてきた。しかし、全面的にクラウドに移行している企業はまだまだ少なく、オンプレミス・システムとのハイブリッドクラウドを選択しているため、IT部門は依然としてオンプレミスサーバーの管理に悩まされているのが現状だ。絶対に故障しないと言い切れるサーバーは残念なが...

  • デジタル変革の目的は単なるコスト削減ではなく、価値創造にある。「Internet of Things(IoT)」というキーワードが浸透したことで、多くの企業はアナログ資産をデジタル化して価値創造につなげていく必要性を強く認識し始めた。しかし、これを実現するためにはさまざまな課題がある。日本の製造業がデジタル変革を実現するために何をすべきか。東京大学 先端科学技術研究センター 教授 の森川博之 氏に話を伺った。

  • IBM Notes/Domino(以下、Notes)のユーザー企業が垣根を越えて交流する「ユーザー情報交換会」では、Notesを利用する上での課題や事例について、本音ベースで情報交換が行われている。「ノーツコンソーシアム オープンセミナー 2016」では、Notesユーザー企業16社が考える「NotesのWeb対応」についての本音や、前田建設工業のモバイルデバイス導入に伴う社内データベース対応プロジェクト事例が報告された。

IT導入支援情報を探す

キーワード


ジャンル


注目のホワイトペーパー

一覧へ

導入事例

技術文書

製品資料

セミナー資料