ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

IT導入支援情報

IT導入支援情報検索結果

PR
251件のIT導入支援情報がありました
表示件数

【ジャンル】IT戦略>IT投資・インフラ戦略

  • クラウドのコストはこれまで、コンピューティングリソースやストレージ、さらにはデータ保護といった各ITの個別のシステムで構成される古いインフラストラクチャとの比較に基づいていた。その前提では多くの企業がクラウドに魅力を感じる結果が出ているが、この「クラウドファースト」は本当に妥当なものなのだろうか。ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)と比較してみた。

  • 現在の企業のビジネスは、多くのアプリケーションに支えられている。では、そのアプリケーションの遅延は、ビジネスにどれくらい影響を与えているだろうか。本資料は、その調査をグローバルで実施した貴重なデータだ。たとえば、ビジネスユーザーの40%は動作が遅すきるアプリケーションの一部を使用しない。デジタルネイティブ世代は、低いパフォーマンスに対する寛容度が低い……など、アプリケーションの遅延は、ビジネスに想像以上の悪影響を与えて...

  • ジェーシービー(JCB)がデジタルビジネスに向けて大きく舵を切った。2017年12月、モバイルペイメントやAI活用、OpenAPI分野でのイノベーションを加速させるために、クラウドネイティブアプリケーションに特化した「Mode2開発基盤」を新たに構築した。では、このアイデアを具現化する「スピード」を最重視したシステムとはいかなる仕組みと体制だったのか。本資料で全貌を明かす。

  • 企業の基幹システムの多くは、すでに仮想化による集約が進み、ある程度の最適化は済んでいるはずだ。しかし、「激動」と言っても大げさではない現在のビジネス環境において、基幹システムにもさらなるコスト削減や俊敏性が求められている。そこで1つの解が「クラウドの活用」だが、これまで簡単ではなかった。しかしここにきて、急速に環境が整い始めているという。クラウド領域でグローバルに戦略的パートナーシップを深める日本アイ・ビー・エムとヴイ...

  • 100年に一度の大改革といわれる企業の「デジタル変革」。グローバル経済の広がりもあいまって、異業種からの「ディスラプター(創造的破壊者)」が市場に参入する状況が加速している。では、企業は生き残りのため、どのようなことに取り組めばよいのか。デンソー 技術開発センター デジタルイノベーション室長の成迫剛志氏が、同社で推進しているデジタルトランスフォーメーションを紹介する。

  • デジタルビジネスの進展とともに、それを支えるIT基盤にも新たな役割が求められている。また、オンプレミスとクラウドを使い分けるハイブリッドクラウドが一般化し、複数のクラウドを組み合わせたマルチクラウドの利用も拡大。それを橋渡しするネットワーク網も多様な選択肢から最適解を選ばなければならない時代が到来した。ビジネスニーズも大きく変化する中、どのようにこれからのIT戦略を描けばよいのか。

  • 現在、多くの企業は、組織の俊敏性向上や最適な環境へのアプリケーション配置、クラウドロックインを防止するため、アプリケーションの稼働環境としてマルチクラウドを採用している。しかし、ブランチオフィスやリモートサイトも含めたあらゆる環境でアプリケーションを適切に提供することは、けっして容易ではない。そこで求められるのが、統合アプリケーションデリバリー戦略だ。本資料では、900社のグローバル企業への調査をもとに、マルチクラウド環...

  • あと10年で本業がなくなる──現在起きている「第4次産業革命」「破壊的イノベーション」といった変化は、ビジネスにそれほど壊滅的なインパクトを与える。「日本では3つの大きな変化が起きている」と語るのは、東京海上日動システムズの代表取締役社長を務め、現在はDBIC(デジタルビジネス・イノベーションセンター)の代表に就く横塚 裕志氏だ。DBICには日本を代表する大手企業がメンバーとして名を連ね、そのオフィスでは、日々、イノベーションを起...

  • ITを駆使して社会生活やビジネスを変革するデジタルトランスフォーメーションによって、「これまでデジタル化と無縁だった領域で新ビジネスが生まれている」。こう話すのは、IoTやAI、ビッグデータなどの最先端技術の研究と知見に基づき、経済界などで提言を続ける東京大学大学院教授の森川博之さんだ。デジタル化がますます進むこの時代において、ビジネスの進め方や働き方はどう変わっていくのか語ってもらった。

  • 実は今、改めてサーバ仮想化が注目されている。その背景の1つには、Software-Definedの潮流からストレージやネットワークを含めた仮想化が可能になり、HCIといったよりシンプルにサーバ仮想化が実現できるようになったことが挙げられる。加えて、利用企業の多いVMware vSphere 5.5のサポート切れが近づくなど、リプレイスの要請もある。とはいえシステムを移行する際は、停止することはできない。そこで、覚えておきたいのが、バックアップソリューショ...

  • クラウドやモバイル、アドテクの進化などマーケティングテクノロジーは日々進化している。こうしてデジタル化によるデータ活用の期待が高まる中、マーケティング部門は経営層などビジネス部門への説明責任を果たし、データドリブンマーケティングを実現しなければならない。しかし現場はデータ統合やレポート作成に忙殺されている。どうすれば現場が疲弊せず、目標達成に向かってアクションをとれるマーケティングの仕組みを構築できるのか。企業の事例...

  • ビジネスのデジタル化とともに、企業システムはより複雑化し、扱うデータ量も増大している。そこで問題になるのが「バックアップ」だ。東日本大震災をきっかけに、事業継続/ディザスタリカバリー(以下、BCP/DR)対策の一環として企業のバックアップ環境は強化された。しかし、今度はシステムの複雑化、データ増大という新たな課題への対応が求められている。こうした課題をどう解決するのか。アイ・ティ・アール 取締役 リサーチ統括ディレクター プリ...

  • 企業のビジネスと密接な関係にある「帳票」。その業務の効率化、改革に成功すれば、生産性は飛躍的に向上するだろう。またビジネスの変化に伴い、あるべき帳票システムの姿も変化していくのが当然だ。ここでは、某大手飲料メーカーの事例をじっくりと紐解きながら、本当に有効な帳票システムはどのように選択し、構築すべきかを探ってみよう。

  • 近年、製造業ではIoT(Internet of Things)というキーワードが大きくクローズアップされている。IoT化を推進したいと考えている経営層も多いだろう。しかし現状では、ベストプラクティスとなる事例も少なく、収集したデータの分析もできず、IoT化が進まないといった声も聞く。その原因の1つは、工場と本社のシステムがうまく連携できていないことだ。これを解決するためには、両者をつなぐIoT基盤を構築する必要がある。そのポイントとは何だろうか。

  • 2017年末、インテル、AMD、ARMといったプロセッサのアーキテクチャレベルの脆弱性が問題となった。攻撃の難易度は高いとはいえ、プロセッサベンダー、クラウドベンダーは対応に追われた。2018年、多くの製品にプロセッサが搭載され、ネットワークにつながるIoT時代は、アプリケーションやOSへの従来型の監視や対策では不十分であり、ハードウェアやプロセッサレベルの保護が急務と指摘する専門家も少なくない。

IT導入支援情報を探す

キーワード


ジャンル


注目のホワイトペーパー

一覧へ

導入事例

技術文書

製品資料

セミナー資料