高度標的型攻撃にランサムウェア、サイバー攻撃の猛威はとどまるところを知りません。 この度リクルートテクノロジーズ、大成建設のCSIRT責任者と対策ソリューションベンダーが集い「サイバーセキュリティに対する最新動向」「ユーザー企業による対策事例」「対策ソリューション」について解説します。

セミナー概要

名称

ベースラインAPT対策コンソーシアム主催

第6回 サイバーセキュリティ対策セミナー

リクルート/大成建設のCSIRT責任者、ベンダーによる最新動向と対策

日時

2019年9月4日(水)13:00 - 17:55 (受付開始 12:30)

会場

渋谷ソラスタ 4D

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-21-1 渋谷ソラスタ4階[会場地図

定員

200 名

受講料

無料(事前登録制)

主催

BAPTベースラインAPT対策コンソーシアム

協賛

ニュートン・コンサルティング株式会社、ウェブルート株式会社、株式会社インフォメーション・ディベロプメント、サイバーソリューションズ株式会社、ソーホージャパン株式会社、株式会社フェス

メディア協力

基調講演

株式会社リクルートテクノロジーズ

専門役員 IT ソリューション本部 サイバーセキュリティ部

鴨志田 昭輝

2014年12月、リクルートテクノロジーズに中途入社。リクルートグループにおいて、インシデント対応支援を中心に、セキュリティ監視や脆弱性マネジメントなどの施策を立ち上げた。現在はRecruit-CSIRTの代表も務める傍ら、ガバナンスやコンサルティング領域の専門性を担保するミッションも担当。
著書:実践CSIRT 現場で使えるセキュリティ事故対応(日経BP社、Recruit-CSIRTメンバーとの共著)

特別講演

大成建設株式会社

社長室情報企画部 専任部長 / Taisei-SIRTリーダー

北村 達也

1981年、大成建設に入社。ICT部門にてスーパーコンピュータやメインフレーム、オープン系サーバ、ネットワークなどICTインフラ全般の標準化、構築・運用を幅広く担当する一方で、支店総務やセキュリティポリシー策定、Office365導入による働き方改革を経験する。2013年1月に組織内CSIRTとしてTaisei-SIRTを設置し、そのチームリーダとしてインシデント対応や運用を担当する。

プログラム

13:00 - 13:05

オープニング・ご挨拶

BAPTコンソーシアム

理事長

曽根 禎行

13:05 - 13:50

基調講演

ユーザー企業における内製CSIRT構築の勘所

講演内容:

世間ではセキュリティ人材不足と言われるなか、リクルートグループのCSIRTは専門性の高いエンジニアを集め、インシデントレスポンスのほとんどを内製化しています。本講演では、内製CSIRTを構築し、有効に機能させるポイントについてお話します

リクルートテクノロジーズ株式会社

専門役員 IT ソリューション本部 サイバーセキュリティ部

鴨志田 昭輝

13:50 - 14:20

守るべき資産が会社にない時代のセキュリティ最前線

サイバー攻撃に耐えうるゼロトラストとサプライチェーン戦略

講演内容:

クラウドファーストが当たり前になり、働き方改革により柔軟なワークスタイルが求められ、高度化したサプライチェーンがビジネスを支える。
もはや守るべきデータは社内にない時代。
境界防御だけではもはや守れない一方で、サイバー攻撃者にとっては攻撃ポイントが増えているのが現状です。
具体的なコンサルティング事例も交えながら、セキュリティと利便性を両立する手法を解説します。

ニュートン・コンサルティング株式会社

コンサルタント

西山 大輔

14:20 - 14:30

休憩・講演者質問

14:30 - 15:00

Webroot SecureAnywhere
ビジネスエンドポイントセキュリティ

業界最高の早さ、軽さ、簡単さ、情報量、低コストの
エンドポイントセキュリティ

講演内容:

Windows 10へのマイグレーションと未知の脅威への対応という二つのメガトレンドが、エンドポイントセキュリティの抜本的な更新を推し進めています。ウェブルートのエンドポイントセキュリティ製品は、1ライセンスで既知の脅威に加え、未知の脅威にも対抗できます。また早さ、軽さ、簡単さ、情報量、そしてコストの面で業界他社同等製品を圧倒しています。エンドポイントセキュリティ製品更改の際には、ウェブルートをぜひご検討願います。

ウェブルート株式会社

エンタープライズ営業本部セールスマネージャー

橋爪 雅和

15:00 - 15:30

トレンドの脅威を盲点なく監視するAIの目とは

ゼロデイ・サプライチェーン攻撃にも有効

講演内容:

近年AIを使用したサイバー脅威等、既存のソリューションでは検知・対応が不十分な場面が多くなっています。また、セキュリティへの投資が行き届いていない中小企業やグループ内企業を攻撃し、セキュリティレベルに比例して攻撃難易度が高い大企業への攻撃の踏み台とするサプライチェーン攻撃が多く行われる傾向にあります。
本セミナーでは中小企業を狙う脅威と動向、それに有効な対策ポイントをお伝えします。

株式会社インフォメーション・ディベロプメント

サイバー・セキュリティ・ソリューション部
エバンジェリスト

松岡 政之

15:30 - 16:00

メール専門企業が提案する最新メールセキュリティ強化策

Office 365/G Suiteにも対応

講演内容:

近年、ますますの複雑化、巧妙化が進むサイバー攻撃。2020年には東京でのビックイベントの開催を控え、国家、企業を狙ったサイバー攻撃が激化することが予想されています。中でも標的型攻撃において圧倒的に多い侵入手段はメール。攻撃から情報基盤を守り、情報漏洩を防ぐための新たな対策が必要です。標的型攻撃対策に加え、漏洩対策からコンプライアンス対策まで、メールセキュリティに関する最新手法についてご提案します。

サイバーソリューションズ株式会社

戦略推進部 部長

持木 隆介

16:00 - 16:10

休憩・講演者質問

16:10 - 16:40

改めてリファレンスしたいサイバーセキュリティのフレームワーク

講演内容:

サイバーセキュリティ対策は、しばしば、各論の個別の対策になりがちと言われています。改めてリファレンスしたい、NIST Cyber Security Framework、SP800-171、CIS Controls、サイバーセキュリティ経営ガイドラインなどのセキュリティフレームワークについてポジショニングや概要について解説します。

ゾーホージャパン株式会社

ManageEngine事業部 ソリューションエバンジェリスト

曽根 禎行

16:40 - 17:10

ITシステム基盤におけるサイバーセキュリティリスクとその具体策

講演内容:

オンプレミス/クラウドサービスに関わらず、ITシステムの基盤に対してサイバー攻撃を受けた場合、その被害は甚大となる可能性が高くなります。システムを守るためにどのような対策が必要であるか、各ガイドラインや基準、ソリューションを含めた具体策を交えながら解説します。

株式会社フェス

上席サービスマネジメント・アーキテクト

鈴木 浩一

17:10 - 17:55

特別講演

企業におけるリスク管理としての情報セキュリティ

組織内CSIRTの視点から

講演内容:

サイバー攻撃やセキュリティインシデントへの迅速な対応と被害拡大防止のためのCSIRT体制を、継続的に維持し、組織のリスク管理として有効に機能させるポイントについて、Taisei-SIRTの事例をもとに解説します。

大成建設株式会社

社長室情報企画部 専任部長

北村 達也

  • ※講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。