イベント・セミナーを探す

  • ジャンル

  • タグ

  • 種別

  • 地域

  • 開催日時

  • ステータス

サイバーエージェントの人員計画の作り方を徹底解剖 ・このような方におすすめ ・サイバーエージェントの人員計画に興味のある方 ・人員計画の作り方について、他社事例を学びたい方 ・サイバーエージェントの抜擢人事の極意を知りたい方 ABEMAをはじめとするB to C領域での存在感も高め、破竹の勢いで成長するサイバーエージェント社。 同社が次の時代を捉えた戦略的な積極投資で事業領域を広げていることは周知の事実です。 ?しかし、同社の躍進はカルチャーの浸透を軸に、事業計画に連動する適材適所の人員計画と人事制度なしには語れません。 人的資本開示が義務化されて初の決算を終えた今、改めて最先端をいく同社の人員計画の作り方や人的資本に関する取り組みを解剖するセミナーを開催いたします。 ?今回はサイバーエージェント社を初期から支え、CHOとして同社の人事領域を形作られてきた曽山氏をお招きし、同社の人員計画の極意に迫ります。 ?当日のテーマは以下です。 ・良い人員計画と悪い人員計画 ・サイバーエージェント社の人員計画の作り方のポイント ・抜擢人事の極意 ?人員計画に関わる全ての人事の皆さま、そして事業計画との最適化を経営目線で見る経営企画の皆さまにとって学びのある60分を提供いたします。 ぜひご参加ください。

【これからAWSを導入していく方】に向けて、「AWSを最大活用する」をメインテーマのもと、以下のようなお悩みや課題を解決していくカンファレンスを開催します! AWSを活用したいが何からはじめたらよいかわからない AWSへの移行や運用についてスキルに不安がある AWSやその他SaaSも活用して、スピーディに業務効率化していきたい 本カンファレンスでは、「AWS移行への課題解決」「生成AIなどAWS最新トレンドの活用方法」「AWS活用におけるセキュリティ対策」の3つの柱をベースに、最新の情報をご紹介します。この度、スペシャルゲストとしてAWSに登壇いただき、AWSの最新トレンドついても語っていただきます。 グローバルでもトップクラスの技術力集団であるクラスメソッド、オンプレミス、ネットワークからクラウドと幅広い領域で地域の皆さまのサポートをしてきたNTT東日本、クラスメソッドとNTT東日本で設立されたSaaS導入支援のエキスパートであるネクストモードが、AWS・SaaSの活用において、皆さまの業務DX推進のために、共催カンファレンスを開催します。 こんな方におすすめ 既存のオンプレミス環境からAWSへの移行を検討している方。 生成AIなどの最新トレンドをAWSで活用し、業務DXを推進したい経営者の方。 AWS・SaaSなどクラウド活用における情報セキュリティ対策を推進していく方。

イベント・セミナーの運営・集客にお困りではないですか?
ビジネス+ITなら60万人以上のビジネスパーソンにアプローチ可能

イベント・セミナーの
集客/運営のご相談
イベント・セミナー
を作成(無料)

各エリアピックアップセミナー

関東地域

「SPEXA -Space Business Expo-」 カンファレンス 監査×AI×衛星データ オープンイノベーションによる衛星データ利用エコシステムの構築 4月26日(金) 12:30~13:00 於:カンファレンスルームC Ridge-iは、来る4月24日~26日に東京ビックサイトにて開催されるSPEXA -Space Business Expo-(以下:同展)に出展いたします。同展は、宇宙ビジネスに関するすべてが集まる展示会です。 リッジアイがこれまでに開発した衛星データ解析ソリューションのご説明や、AIを使った衛星画像解析システムの展示を行います。 また、4月26日の12:30より、カンファレンスルームCに於きまして、EY新日本、SPACETIDE、リッジアイの三社で「監査×AI×衛星データ_オープンイノベーションによる衛星データ利用エコシステムの構築」というテーマで対談を行います。 是非皆様のご来場をお待ちしております。 SPEXA -Space Business Expo- 会 期 : 4月24日(水)~26日(金)  10:00~18:00  (最終日のみ17:00まで) 会 場 : 東京ビッグサイト (東京都江東区) Ridge-iブース番号 : S4-1 カンファレンス:  4月26日(金) 12:30~13:00 於:カンファレンスルームC 「監査×AI×衛星データ オープンイノベーションによる衛星データ利用エコシステムの構築」 ビジネスにおける衛星データの活用は、主流である1次産業のみならず、近年その領域を大きく拡大しつつあります。 監査業務における衛星データ活用をリードするEY新日本、複数の最新AI技術を用いて顧客や社会の課題解決に取り組むリッジアイ、衛星分野を含む様々な業界や企業を巻き込んで支援するSPACETIDEの3社が衛星データが新技術と融合しあうことで様々な業界を革新する可能性について熱く語ります。 登壇者: EY新日本 アシュアランスイノベーション本部 イノベーション戦略部/AIラボ 部長 宇宙ビジネス支援オフィス Space Tech Labリーダー 加藤 信彦 氏 SPACETIDE・理事兼COO Beyond Next Ventures・投資部門宇宙領域担当/エコシステム部門事業開発 佐藤 将史 氏 Ridge-i 代表取締役社長 柳原尚史

その他の地域

DXがビジネスの必須要件となった今、ビジネスのあらゆる領域でアプリ開発のニーズが高まっています。しかしながらエンジニアやリソース不足で思うように開発が進まず、サービスのリリースや機能改善が滞っているケースも少なくありません。こうした状況を放置していると社内のDXの停滞を招くだけでなく、企業全体の競争力低下や収益低下にもつながりかねない状況です。このような中で注目を集めているのが「ローコード/ノーコード開発」です。「ローコード/ノーコード開発」を導入することで、アプリ開発の高速化を実現できるだけでなく、エンジニアのいないスモールオフィスや業務部門においてもアプリ・サービス開発が進められるようになります。顧客や業務部門の声を直接アプリやサービスに反映できるローコード/ノーコードはDXの起爆剤となりうる可能性を秘めています。とはいえローコード/ノーコードの開発が開発の柔軟性や提供したい機能を必ずしも満たしているとは限らず、その選定と採用には事前の情報収集や実装のための体制づくりが重要となってきます。本セミナーではDXを加速する「ノーコード/ローコード開発」導入にあたっての課題やノウハウを事例を交えて解説いたします。


ピックアップセミナー

来週以降

来週以降開催


処理に失敗しました

人気のタグ

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました