企業はもとより国家機関まで被害が表面化している標的型攻撃や、内部犯罪的情報漏洩など、企業や組織の情報資産を取り巻く脅威がますます高度化・複雑化しており、セキュリティポリシーの見直しも含めた総合的な対策が必要になっています。さらにはクラウド・モバイルの活用や働き方の多様化によりセキュリティの境界・領域も広がっており、モバイルワークやグローバル組織におけるセキュリティのあり方も問われています。本イベントでは企業や組織が直面するセキュリティの課題に対し、現状の認識と、具体的な課題解決の手段やポイントを整理してまいります。

来場特典

1.ランチサービス

12:30~13:45は軽食サービス(先着順)がございます。ランチセッション、または出展各社の展示ブースをご覧いただきながらお召し上がりください。

2.KIOSKサービス

展示エリアには飲み物とスナックが楽しめる「KIOSK」を常設。オンとオフの切り替えでコミュニケーションを活性化します。

3.スタンプラリー

展示エリアではスタンプラリーを実施。
抽選でAmazonスマートスピーカー Echo with Alexa やメガドライブミニ、PCエンジン mini※が当たる!

※PCエンジン miniは発売予定日が2020年3月19日のため、
翌日以降の発送となります

キーノート

氏名

基調講演

サイバーセキュリティ研究の最前線 2020

IoTセキュリティと機械学習のセキュリティへの応用

国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)

サイバーセキュリティ研究所
サイバーセキュリティ研究室 室長

井上 大介

プロフィール:
1997年 横浜国立大学でセキュリティ分野の研究開発を始め、2003年 同大学大学院工学研究科 博士課程後期修了後、独立行政法人 通信総合研究所(現 国立研究開発法人 情報通信研究機構)に入所。2006年よりインシデント分析センター“NICTER”(ニクター)を核としたサイバーセキュリティの研究開発に従事。以降、対サイバー攻撃アラートシステム“DAEDALUS”(ダイダロス)、サイバー攻撃統合分析プラットフォーム“NIRVANA改”(ニルヴァーナ・カイ)、サイバー攻撃誘引基盤“STARDUST”(スターダスト)、セキュリティ情報融合基盤“CURE”(キュア)など、先進的なセキュリティシステムの研究開発を続けるとともに、社会への実展開を進めている。 2002年 暗号と情報セキュリティシンポジウム論文賞、2009年 科学技術分野の文部科学大臣表彰(科学技術賞)、2013年 グッドデザイン賞、2014年 Asia-Pacific Information Security Leadership Achievements(ISLA)、2016年 産学官連携功労者表彰 総務大臣賞、2018年 前島密賞、2019年 NDSS 2019 Distinguished Paper Award等を受賞。博士(工学)。

氏名

特別セッション

VRアーティスト

せきぐち あいみ

プロフィール:
神奈川県相模原市生まれ。クリーク・アンド・リバー社所属。VRアーティストとして多種多様なアート作品を制作しながら、国内にとどまらず、海外(アメリカ、ドイツ、フランス、ロシア、UAE、タイ、マレーシア、シンガポールetc)でもVRパフォーマンスを披露して活動している。2017年、VRアート普及のため、世界初のVR個展を実施すべくクラウドファンディングに挑戦し、目標額の3倍強(347%)を達成。

プログラム

5F 大ホール

 

5F
ホワイエ

11:00

11:45

K-1基調講演

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)
サイバーセキュリティ研究所
サイバーセキュリティ研究室 室長

井上 大介

11:45

12:30

P-1

日本ヒューレット・パッカード(株)

 

休憩・展示

展示

12:30-17:30

 

5F 501

4F 406

4F 402N

12:45

13:30

 
L-3ランチセッション

ついに来た2020年、今からでも遅くない!Webサイト防御を今始めるべき理由

(株)lmperva Japan

提供:(株)ネットワークバリューコンポネンツ

L-1ランチセッション

Cisco Umbrellaが守る - 働き方改革時代のセキュリティ【ランサムウェア・IoT機器セキュリティ対策】

(株)サテライトオフィス

L-2ランチセッション

「ネットワーク分離」と「ファイル無害化」 日本中の公的団体が積極採用する理由と効果を事例を交えてご紹介します

(株)プロット

休憩・展示

5F ホールA

5F ホールB

4F 406

4F 402N

13:45

14:30

A-1

私たちが解決してきたサイバー攻撃の実例と逆引き対策リファレンス

サイバーリーズン・ジャパン(株)

B-1

Office365/Gsuiteにも対応 クラウド時代における標的型攻撃メールへの対抗策とは

サイバーソリューションズ(株)

C-1

セキュアなクラウドサービスの提供を!IaaS/PaaS利用時のセキュリティ対策とは?

(株)日立ソリューションズ

D-1

ゼロトラストを実現する「次世代認証」の潮流とは

(株)ソリトンシステムズ

休憩・展示

14:45

15:30

A-2

早い・安い・高機能!クラウド型のオールインワンソリューションでWebシステムを守れ!

日本アイ・ビー・エム(株)

B-2

準備はできていますか? DX時代に必要なセキュリティ対策の選び方

キヤノンマーケティングジャパン(株)

C-2

「サプライチェーンのセキュリティリスク見える化を実現するには?」今注目のスコアリングサービスご紹介

(株)電通国際情報サービス

D-2

「いつもの通信パターン」の教師なし機械学習であらゆる異常をリアルタイムに自動検知・遮断・可視化する究極のAIセキュリティとは

ダークトレース・ジャパン(株)

休憩・展示

15:45

16:30

 
B-3

組織のセキュリティリスク可視化を効率的に推進するには

キーサイト・テクノロジー(株)

C-3

リスクからシステムを守る!  ~FISC「安全対策基準」をベースに「特権ID管理」を考える~

ゾーホージャパン(株)

D-3

どこまで対応すべきなのかファイルサーバーのリスク管理と運用の効率化

(株)ジャストシステム

休憩・展示

16:45

17:30

S-1特別セッション

せきぐちあいみ 氏 ほか

     
  • ※ 講演内容は事前の予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。

セミナー概要

名称

セキュリティマネジメントカンファレンス
2020 冬 東京

日時

2020年3月19日(木) 11:00 - 17:30(受付開始 10:30)

会場

東京コンファレンスセンター・品川

〒108-0075 東京都港区港南1-9-36 アレア品川[会場地図

主催

SBクリエイティブ株式会社(ビジネス+IT)

協賛

日本ヒューレット・パッカード株式会社
株式会社サテライトオフィス
株式会社プロット
株式会社ネットワークバリューコンポネンツ
サイバーリーズン・ジャパン株式会社
サイバーソリューションズ株式会社
株式会社日立ソリューションズ
株式会社ソリトンシステムズ
日本アイ・ビー・エム株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
株式会社電通国際情報サービス
ダークトレース・ジャパン株式会社(Darktrace Limited)
キーサイト・テクノロジー株式会社
ゾーホージャパン株式会社
株式会社ジャストシステム
ほか(随時追加)

定員

500 名

受講料

無料(事前登録制)

メディア協力

展示

日本ヒューレット・パッカード株式会社

ご存知でしたか!? いつもお使いの”サーバー”にもハードウェアレベルのセキュリティが求められるようになっています。本ブースでは、ゼロトラストセキュリティを実現する最新の小型サーバーモデルを展示しています。FBIと協力してセキュリティ機能開発をリードしている、US本社の担当とも直接話していただけます!

株式会社プロット

・分離されたネットワーク間でのファイル授受・無害化システム「Smooth File ネットワーク分離モデル」
・eラーニングとメール訓練を実現する総合セキュリティ教育サービス「CYAS」
・メールを消毒するセキュリティ総合クラウドサービス「Mail Sanitizer クラウド」

株式会社ネットワークバリューコンポネンツ
(株式会社Imperva Japan)

2020年、日本に世界中からの注目が集まっています。サイバー攻撃も過激化する事が懸念される昨今、企業の顔となるWebサイトの防御について、Imperva社の製品を交えご紹介いたします。

サイバーリーズン・ジャパン
株式会社

日々驚異的な進化を遂げるサイバー攻撃。これまでの防御体制では十分な効果が得られず、侵害のリスクに加え、対策強化に伴う運用負荷の増大が大きな課題となりつつあります。ブースではAIを用いた最先端の侵害対策と、攻撃の検知・分析、判断・対処、報告といった運用作業を効果的に支援する「Cybereason EDR」および次世代アンチウイルス「Cybereason NGAV」をご紹介しております。

株式会社日立ソリューションズ

事業の拡大にIaaS/PaaSなどのクラウドサービスを利用する企業が増加しています。しかし、クラウドサービスの利用は、仮想資産の可視化やネットワークセキュリティ設定、脆弱性対策など情報セキュリティ部門にとって大きな負担となります。複数の異なるIaaS/PaaS環境を一元管理し、運用コストの低減だけでなく、セキュアなIaaS/PaaS環境の利用を実現するサービスをご紹介します。
こんな方におすすめ:IaaS/PaaS環境上に業務システムを構築している企業様。IaaS/PaaS環境の運用管理が負担となっていたり、セキュリティ設定に不安がある企業様。

株式会社ソリトンシステムズ

クラウドと社内のIDと認証を統合管理する、次世代認証サービス「Soliton OneGate」をご紹介します。
こんな方におすすめ:クラウド・社内に点在する業務システムの認証を統合管理したい方。

日本アイ・ビー・エム株式会社

Webシステムのセキュリティーとパフォーマンスを高める「IBM Cloud Internet Services」をご紹介します。

キーサイト・テクノロジー
株式会社

自社のセキュリティ環境を継続的・自動的に検証し、必要な対策を明確にするためのソリューションを展示いたします。
こんな方におすすめ:セキュリティ統括部門、ネットワーク企画・管理部門の方。

ゾーホージャパン株式会社
(株式会社フェス)

IT管理ManageEngineの特権ID管理ツールの展示を、ManageEngineテクニカルパートナーの株式会社フェスにより行っております。

アクセス

東京コンファレンスセンター・品川

〒108-0075 東京都港区港南1-9-36 アレア品川3F-5F