本イベントでは、“Be data ready” を開催テーマに、マルチクラウド時代におけるデータの増大、運用の煩雑化といった課題に対して Commvault がどのように課題を解決し、効率的なデータ マネジメント、データ活用をご提供できるのかをお客様の事例も含めてセッション形式でご紹介させていただきます。
本イベントがお客様の課題を解決する手がかりを得る場となれば幸いです。

セミナー後は懇親会をご用意しておりますので、情報共有の場としてもご活用ください。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

セミナー概要

名称

Commvault Connections Live 2020 in Tokyo

日時

2020年3月6日(金)13:30 - 19:00 (受付開始 13:00)

会場

赤坂インターシティコンファレンス 301

〒107-0052 東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 3F
会場地図

受講料

無料(事前登録制)

※競合企業の方はご来場をお断りしております。予めご了承ください。

主催

Commvault Systems Japan株式会社

協賛

日本マイクロソフト株式会社、ネットアップ合同会社
デジタルテクノロジー株式会社、日本電気株式会社、株式会社ネットワールド
ノックス株式会社、エヌ・ティ・ティ・データ先端技術株式会社、株式会社Y2S

メディア協力

プログラム

13:00 - 13:30

受付

13:30 - 13:45

ご挨拶

13:45 - 14:25

Commvault Update(仮)
~Commvaultが掲げる、次世代ITインフラへの取り組み

講演内容:

Commvaultはこれまで製品のアップデートを通じ様々な課題に取り組んできました。 そして今、ITインフラのさらなる変化に対応するための挑戦が始まります。 このセッションでは、これからのVisionも交え、Commvaultの最新アップデートをお伝えします。

伊吹山 正郁

Commvault Systems Japan株式会社
テクノロジー エバンジェリスト

14:25 - 15:05

CommvaultとNetAppストレージ機能との連携(仮)

講演内容:

バックアップ先の媒体がテープからディスクになり、そしてクラウドという選択肢も出てきたなかで、バックアップ元のストレージとしてのNetAppとバックアップ先ストレージとしてのNetAppの使い方について紹介します。

井谷 寛

ネットアップ合同会社
システム技術本部 ソリューションアーキテクト部
ソリューションアーキテクト

15:05 - 15:20

コーヒーブレイク

15:20 - 15:50

数万台のVDI環境 バックアップ 導入事例

講演内容:

NECグループでは、テレワークを用いた働き方改革、セキュリティ対策を目的とし、数万台のVDI環境を社内利用しています。その数万台のVDI環境におけるバックアップシステムの導入事例について講演します。

山崎 国弘

NECソリューションイノベータ株式会社
プラットフォームサービス事業部

15:50 - 16:20

Commvault Hyperscale導入による
バックアップ/リストアの
”一層”の運用プロセス効率化に関する事例紹介(仮)

講演内容:

NTTデータ及びグループ各社が利用する社内情報システムを支える大規模プライベートクラウド (社内システム共通基盤) で取り組んだバックアップ/リストア運用プロセス効率化の最新事例をご紹介します。

川戸 祐介

株式会社NTTデータ
技術革新統括本部 ITマネジメント室
システム開発担当 課長代理

16:20 - 17:00

ハイブリッド クラウドとしての”Azure”と
データ保護/移行

講演内容:

マイクロソフトはAzureの進化を強力に推し進めつつ、その能力をエッジへ拡張し続けています。本セッションでは、Azureならではの”適材適所”の推進策と、並行して進めるべきデータ可搬性/保護能力強化方法について、Commvaultとの協業にも触れながら解説します。

高添 修

日本マイクロソフト株式会社
パートナー事業本部 パートナー技術統括本部
クラウドアーキテクト本部 クラウドソリューションアーキテクト (Hybrid)

17:00 - 17:10

Q&Aセッション

17:10 - 19:00

懇親会

  • ※講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。

主催

ゴールドスポンサー

シルバースポンサー