Day2(6/2)はこちら

講演者

東京大学大学院

工学系研究科 教授

森川 博之

株式会社星野リゾート

情報システムグループ
グループディレクター

久本 英司

東日本電信電話株式会社 特殊局員
独立行政法人情報処理推進
機構(IPA)サイバー技術研究室長

登 大遊

株式会社ディーバ

プロダクトマーケティング部 部長

立堀 隆

インフォサイエンス株式会社

サイバーセキュリティ・
コンサルティングチーム
シニアコンサルタント

小川 信吾

株式会社NTTデータ・
ビズインテグラル

コンサルティング部

谷口 恭平

エムオーテックス株式会社

営業本部 営業企画部 部長

山岸 恒之

株式会社NTTデータ
イントラマート

開発本部 プロダクト
ディベロップメントグループ

高松 大輔

株式会社はてな

Mackerelチーム プロデューサー

加古 直己

プログラム

13:00

13:05

オープニングトーク

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

パートナーアライアンス統括本部 テクノロジーパートナー本部 ISV/SaaS ビジネス推進部長

岡崎 貴紀

13:05

13:40

基調講演1

ニューノーマル時代のデジタル変革への向き合い方

COVID-19により社会・世界観の変化が生じつつある中、産業・事業・社会構造までをも変革するデジタルシフトが加速しつつある。企業の経営戦略の中に、デジタルを取り入れ、新たな価値の創出につなげていかなければいけない。デジタル変革の起点は、身の回りの仕事や生活の中から得られる気づきである.デジタルの土俵にあがり、気づきから未来を創っていかなければいけない。関わる人やモノが増大する特質を有することから、関わる人やモノすべてに共感し、つないで巻き込むカスタマーサクセス人材も事業開発や研究開発において重要となる。「土俵にあがる」「気づきに繋がる多様性」「パイを奪い合うのではなくパイを広げる」などといった視点が大切であることを述べる。

東京大学大学院

工学系研究科 教授

森川 博之

 

13:40 - 13:45 転換

 

業務改革

セキュリティ・サーバー監視

13:45

14:10

1-1

M&A・企業合併・子会社設立などの企業再編に対応するための決算DXの最適解とは?

変化の激しい時代、M&A等で急に子会社が増えることがあります。Excelを使って1名か少人数で連結決算を実行している企業では、そのままですと企業の成長に対応できないリスクがあります。この課題に対し、クラウド連結会計システム「DivaSystem LCA」を通じた「リモート決算」「連結決算DX」で、属人化を防ぎシンプルな連結決算プロセスを実施する方法をご紹介します。

株式会社ディーバ

プロダクトマーケティング部 部長

立堀 隆

1-4

SIEMだけじゃない、AWSにおけるログ管理とは?

昨今お客様から「SIEM製品を導入したい」という要望をよくいただきます。しかし、よくよく導入目的やお客様の運用体制などを聞いてみると、「SIEMでなくても満たせる要件」、「SIEMを導入しても運用が難しいお客様の体制」であることが多々あります。
本セッションでは、ログ管理=SIEMというだけの提案に縛られずに、AWSのセキュリティ対策、監査対応の観点から国産製品Logstorageならではの「ログ管理手法」をご提案いたします。

インフォサイエンス株式会社

サイバーセキュリティ・コンサルティングチーム シニアコンサルタント

小川 信吾

 

14:10 - 14:15 アンケート記入・切り替え

14:15

14:40

1-2

デジタル戦略の加速シナリオ
~事例にみる業務変革のポイント~

ニューノーマルへの適応が求められ、バックオフィスにおけるデジタル化への関心が高まっております。しかし、多くの企業では推進が停滞していたり、効果を発揮できていないのが実情です。そこで、本講演ではERP領域を中心に、事例に基づいた業務変革のポイントをご紹介します。

株式会社NTTデータ・ビズインテグラル

コンサルティング部

谷口 恭平

1-5

テレワーク疲れになっていませんか?
~テレワーカーの不安を解消させる1つの方法~

テレワークには、「満員電車に乗らなくてよくなった」「睡眠時間が確保できるようになった」などの良い側面がある一方で、コミュニケーションが減り気持ちがふさぎ込んでしまったり、マネジメント面での課題があります。このセッションでは、当社製品を活用することでテレワーカーの不安を解消する方法をご紹介します。

エムオーテックス株式会社

営業本部 営業企画部 部長

山岸 恒之

 

14:40 - 14:45 アンケート記入・切り替え

14:45

15:10

1-3

現場主導による業務改革の起爆剤に!
簡単・高速・低価格のローコード開発クラウドサービス 新プランのご紹介

コロナ禍を契機に、多くの企業が「素早く変革し続ける能力」の獲得、すなわちDX化に舵を切っている状況です。NTTデータイントラマートが展開するクラウドサービスAccel-Martでは、業務改革を進める「DX人材」がより素早く、簡単に業務アプリを作成可能な、新プランの提供を開始いたします。
本セッションでは、Accel-Mart新プランの内容から活用方法のご提案まで、企業のDX実現に役立つ情報を幅広くご紹介させていただきます。

株式会社NTTデータ イントラマート

開発本部 プロダクトディベロップメントグループ

高松 大輔

1-6

クラウドシフトで浮き彫りになる監視の課題!
国産SaaSで進める私たちの監視

従来社内システムやサービスの運用保守は外部に委託しているか、分断された組織構造の中で行われてきました。今回のセッションではMackerelで監視の内製化を始めることでどんな変化を起こせるのか、お伝えできればと思っております。

株式会社はてな

Mackerelチーム プロデューサー

加古 直己

 

15:10 - 15:15 アンケート記入・切り替え

15:15

15:50

基調講演2

「18か月間の生き残り戦略」にITは応えられたのか
~コロナ禍の対応とそこから見えてきたDXに必要なこと~

観光業は新型コロナウィルスの影響を大きく受けた業界の一つです。緊急事態宣言下の急激な需要低下、GoToトラベルキャンペーンの対応、そして再びの緊急事態宣言発令と、大きな変化に対しITは何ができたのか。コロナ禍の対応を経て、DXをどう捉え、取り組んでいるのかをお伝えします。

株式会社星野リゾート

情報システムグループ グループディレクター

久本 英司

基調講演3

日本におけるICT & セキュリティ技術の生産手段確立と産業化の実現

日本は20世紀に多くの人々が様々な産業分野で海外の技術を吸収し、研究開発を進化させ、世界トップになりました。しかし、未だICTだけは、まともな生産手段が確立されておりません。日本型大企業や政府組織にある、いつの間にか蔓延してしまった、ICTの技術進歩を妨げる情報セキュリティルールや、高度な試行錯誤を阻害するポリシーが原因です。これは、けしからんことです。これからこの問題を解決することで、日本人は、世界一の品質のコンピュータ、ネットワーク、セキュリティ技術を作ることができるようになり、これらは世界中で使われ、日本の諸問題が解決することになるのです。

東日本電信電話株式会社

特殊局員

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)

サイバー技術研究室長

登 大遊

15:50

16:00

クロージングトーク

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

パートナーアライアンス統括本部 テクノロジーパートナー本部 ISV/SaaS ビジネス推進部長

岡崎 貴紀

  • ※プログラム、タイトルは、予告なく変更される場合があります。

開催概要

新型コロナの世界的大流行により、企業は、事業継続や、サプライチェーンの再構築、在宅勤務も含めた働き方改革など、新たな課題に直面しました。しかしこれは未曾有の危機であると同時に、長い時間をかけても解決できなかった、デジタル変革や、働き方の多様化、ビジネスモデルの再構築を、急ピッチで進めるチャンスでもあります。本Webセミナーでは、各業界の有識者・企業に登壇いただき、これまで企業が抱えてきた課題(バックオフィスの業務環境改善・2025年問題・働き方改革・デジタル変革・テレワーク下でのセキュリティ対策や業務推進など)を整理するとともに、ニューノーマルの働き方改革を推進するための、デジタルトランスフォーメーション/バックオフィス改善/企業戦略/IT環境改善/クラウド活用戦略等を解説します。


Day2(6/2)はこちら

名称

Webセミナー

ビジネス+IT with AWSパートナー Webセミナー

デジタル庁新設で変わる日本のIT環境!
2021年に企業が取り組むべきDXとは

~すぐに始められるデジタル変革への道~ Day1

日時

2021年6月1日(火)13:00 - 16:00

会場

オンライン

受講料

無料(事前登録制)

主催

SBクリエイティブ株式会社(ビジネス+IT)

特別後援

アマゾンウェブサービスジャパン株式会社(AWS)

協賛

インフォサイエンス株式会社

株式会社NTTデータ イントラマート

株式会社NTTデータ・ビズインテグラル

エムオーテックス株式会社

株式会社ディーバ

株式会社はてな

※アルファベット順

メディア協力

事前登録&セミナー視聴後に表示される講演アンケートにお答えいただいた方へ
特典をご用意しております。


(1)講演アンケート回答者全員もれなく「講演資料PDF/カタログPDF」を進呈!
(2)講演アンケート回答者全員もれなく「Amazonギフト券1,000円」を進呈!


  • 対象講演:
  • インフォサイエンス株式会社
  • 株式会社NTTデータ イントラマート
  • 株式会社NTTデータ・ビズインテグラル
  • エムオーテックス株式会社
  • 株式会社ディーバ
  • 株式会社はてな
  • ※注意事項※
  • (1)「講演資料PDF/カタログPDF」のダウンロードページは公演終了後3営業日以内に
    事務局よりご案内いたします。
  • (2)Amazonギフト特典は、ご登録時期に関わらず
    事前登録&セミナー視聴後に表示される講演アンケートにお答えいただいた全ての方に
    [もれなく1,000円]の進呈となります。
  • (3)ご応募はお一人様1日程につき1講演分限りとさせていただきます。
  • (4)競合企業にお勤めの方、法人勤務以外の方、ご記入内容に不備がある場合は
    ご応募を無効とさせていただきます。

1. 本キャンペーンはSBクリエイティブ株式会社による提供です。本キャンペーンについてのお問い合わせはAmazonではお受けしておりません。SBクリエイティブ ビジネス+ITセミナー事務局 (seminar@cr.softbank.co.jp) までお願いいたします。

2.Amazon ギフト券細則については http://amazon.co.jp/giftcard/tc(PC)または http://amazon.co.jp/jpgc_tc_aw(携帯)をご確認ください。

3.Amazon、Amazon.co.jp および Amazon.co.jp のロゴは Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

※Amazonギフト券で、2億種類を超える品揃えの総合オンラインストアAmazon.co.jpにてお好きな商品をお買い求めいただけます。