新型コロナウィルスの感染拡大に伴い新たなワークスタイルへの変革が余儀なくされ、ITインフラのあり方も大きく変わってきている中、情報システム部門が管理するVMware仮想化基盤のクラウドシフトも加速しています。規模感にかかわらず段階的に移行を行うものも多く、スモールスタートが実現できるVMwareソフトウェアベースのクラウドサービスへの要望が多くあります。

VMware仮想化基盤環境をアマゾン ウェブ サービス(AWS)のグローバル環境上に展開できるVMware Cloud™ on AWSは、クラウド移行の選択肢として採用が拡大されています。
ただし、VMware Cloud on AWS を構成する最小ノード数は制限が緩和されてきましたが、まだ規模感が合わずに手が出せない、コストをもう少し抑えられないか、という声も多く聞きます。

そこでCTCでは、VMware Cloud on AWSのリソースをVMware Cloud Director™ service を介して、お客様のサイズにあったリソースに分割、管理し提供する「VMware Cloud on AWSマルチテナントサービス」を2021年10月にリリースしました。

これにより、中小規模ユーザやスモールスタートしたいシステムにもVMware Cloud on AWS を活用する選択肢が増えます。

お申込みを心よりお待ちしております。

■ 次の方におすすめ
1. オンプレからクラウドへの移行を検討している情報システム部門のご担当者様
2. VMware Cloud on AWSを以前検討したが規模感が合わず
 導入を見送られたご担当者様
3. VMware Cloud on AWSをスモールスタートで始めたいご担当者様

プログラム

14:00 - 14:30

VMware Cloud on AWSの導入メリット
~クラウドプラットフォームとして
なぜ選ばれているのか~

講演内容:

VMware Cloud on AWS はAWSとVMware によって共同で開発された統合クラウドサービスで、サービス提供開始から既に4年以上が経過しました。クラウド利用が加速する中、数多くのお客さまにVMware Cloud on AWSをご利用いただいております。本セッションではサービスの特徴やユースケースをもとに、VMware Cloud on AWSが選ばれている理由を解説いたします。

ヴイエムウェア株式会社

クラウドサービス事業部 クラウドパートナー営業部
ビジネス ディベロップメント マネージャー

田口 恭平

14:30 - 15:00

スモールスタート可能な VMware Cloud
~VMware Cloud on AWS マルチテナントサービス~

講演内容:

弊社は、VMware Cloud on AWS 東京リージョンがリリースされた2018年よりマネージドサービスを提供し、PoC提供や本番稼働導入などの実績を積んできました。
そのなかで、「VMware Cloud on AWS はオンプレミスで利用していたvSphere環境をそのままクラウド化することが可能。というコンセプトは良いがサイズと価格がマッチしない場合がある」というご意見も多数お見受けしました。そんなお客様にとって、新たな選択肢をご提供したいと思います。
VMware Cloud Director service を利用した、VMware Cloud on AWS マルチテナントサービスの概要と技術的な仕組みに関して先行してご紹介いたします。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

サービススプリント部 クラウドプラットフォーム課
エキスパートエンジニア

川村 篤史

15:00 - 15:10

質疑応答

15:10 - 15:40

個別相談会

  • ※講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。

セミナー概要

名称

Webセミナー

VMware Cloud™ on AWSをスモールスタートで利用

―小規模から使える新たな選択肢とは?―

日時

2022年11月29日(火)14:00 - 15:40

会場

オンライン

受講料

無料(事前登録制)

主催

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

共催

ヴイエムウェア株式会社

メディア協力