• 【本セッションの見どころ】
  • 生成AIと世界モデルによって期待される完全自動運転の未来
  • 経産省が語る、「モビリティDX検討会」の内容をふまえた自動車産業のDX
  • 国際標準化団体ASAMや京都産業大学 井上氏などによる最先端モビリティ事情

人やモノの移動を、安全に、スマートにするモビリティ新時代。
その実現は、SDVのみならず社会の新たなシステムを支えるソフトウェア開発にかかっていると言っても過言ではありません。世界のモビリティ開発はどこに向かっているのか。われわれがそこで打ち克つためには、どういうアクションが必要か。車載関連からシステム開発に至るまで、あらゆる「品質創造」をリードしてきたベリサーブが、最前線に立つ有識者や開発に取り組むゲストをお招きして、最先端モビリティ事情と、そこで必要とされる「品質創造」を共有します。

プログラム

DAY1 6月26日[水]

DAY2 6月27日[木]

13:05 - 13:45
基調講演

生成AIと完全自動運転~世界モデルが切り拓く未来~

チューリング株式会社

取締役CTO/国立情報学研究所 助教/
名古屋大学 客員准教授/JSTさきがけ研究員

青木 俊介

13:05 - 13:45
基調講演

自動車産業のDXに関する経済産業省の取り組み(仮)

経済産業省

製造産業局 自動車課 モビリティDX室 室長

伊藤 建

13:45 - 14:15
技術講演

車載OTAの現状と現場での品質確保

株式会社ベリサーブ

中部モビリティ第一事業部 第一課

金治 克典

13:45 - 14:15
技術講演

機能安全およびセキュリティ規格適合プロセスと、ソフトウェアFMEA手法の活用 ~新たなPMOの役割~

株式会社ベリサーブ

東日本モビリティ第四事業部 データサービス課

上松 明日香

14:15 - 14:25

休憩

14:15 - 14:25

休憩

14:25 - 14:55
技術講演

SBOM最新動向'24

株式会社ベリサーブ

サイバーセキュリティ事業部 脆弱性マネジメント課

藤原 洋平

14:25 - 14:55
技術講演

"Document-DevOps"による開発DX基盤実現へ ~「ConTrack」の進化の方向性~

株式会社ベリサーブ

ConTrack事業開発部 開発課 課長

横田 浩行

14:55 - 15:35
招待講演

車載ネットワークのセキュリティトレーニングプラットフォーム

京都産業大学

情報理工学部 教授

井上 博之

14:55 - 15:35
招待講演

国際標準化団体ASAMにおける自動運転検証の標準化 ー実績と現在および将来ー

ASAM
Representative of ASAM Japan

庄井 美章

  • ※プログラム、タイトルは、予告なく変更される場合があります。

開催概要

名称

Webセミナー

Veriserve Mobility Initiative 2024

世界で打ち克つ「モビリティ品質」を考える
-SDV時代の日本のモビリティ・イノベーションを加速する-

日時

2024年6月26日(水)・ 2024年6月27日(木)
13:00 - 15:45(受付開始 12:30)

会場

オンライン

受講料

無料(事前登録制)

主催

株式会社ベリサーブ

メディア協力