IT導入支援

有限責任監査法人トーマツ提供コンテンツ

2016年10月06日
 【特集】EUと日本における新しい個人情報保護制度

特集記事

  • 杉本武重弁護士が解説、EU一般データ保護規則の内容とその対応策

    杉本武重弁護士が解説、EU一般データ保護規則の内容とその対応策

    2016年4月、欧州議会において欧州連合(European Union: EU)の一般データ保護規則が採択され、2018年5月25日からの適用開始が予定されている。同規則では厳しい制裁金規定が設けられている。すなわち、違反企業には、当該企業グループの前事業年度の年間売上高の4%以下または2000万ユーロ以下のいずれか高い方の金額の制裁金が課せられるなどの可能性がある。したがって、今後、EUと経済取引を行っている日本企業には、今まで以上にEUの個人情報の取扱いにあたって、より厳格な取り組みが求められることになる。同規則の概要と対応策について、EU法に詳しいウィルマーヘイル法律事務所ブリュッセルオフィスの弁護士の杉本武重氏が解説した。