IT導入支援

クロス・ヘッド株式会社、株式会社野村総合研究所、サイオステクノロジー株式会社提供コンテンツ

2017年04月05日
 AWSで加速する デジタルトランスフォーメーション

2006 年のサービス開始より常に進化を続け、すでに約 800のサービスがリリースされている Amazon Web Service。その信頼性や高い拡張性から、現在では 世界 190 ヶ国、 100 万を超えるユーザー企業が活用し、業種や企規模を問わず企業がデジタルビジネス展開する上でもは欠かせないプラットフォームとなっています。しかしながら、日本においては活用は始まったばかりで、そのポテンシャルを活かしきれていない企業も多数あります。AWSを活用し、デジタルトランスフォーメーションを実現するには、何を選択し、どのパートナーを選択すべきでしょうか?AWSやパートナーへのインタビュー、導入事例資料などからその実像に迫ります。

スペシャルコンテンツ

  • AWSに聞く「クラウドシフト」成功の極意とパートナー選びのポイント

    AWSに聞く「クラウドシフト」成功の極意とパートナー選びのポイント

    アマゾンの巨大ECサービスを支える基盤として誕生し、常に進化を続けるアマゾン ウェブ サービス(AWS)。現在では世界190カ国、数100万を超える企業が活用し、業種や企業規模を問わず、日本企業にとっても欠かせないITプラットフォームとなってきた。AWSの持つスピード、堅牢性、安全性といったメリットを最大限発揮し、新規事業やスタートアップでの活用に加えて、従来はオンプレが当たり前だった基幹システムでさえ「クラウドシフト」が本格化している。一方、クラウドにはクラウドならではの「勘所」があり、それを押さえた事例で大きな成果が出ているという。そこで、アマゾン ウェブ サービス ジャパン パートナー アライアンス本部 本部長 今野 芳弘氏にクラウド活用の極意、ビジネスパートナーの選び方、システム部門の役割の変化などについて話を聞いた。

  • 【AWS事例大全集】127件の事例から見るAWS導入の効果(295ページ)

    【AWS事例大全集】127件の事例から見るAWS導入の効果(295ページ)

    AWSを利用している企業、その企業への導入、コンサルティング、マネージドサービスやAWSに対応したソフトウェア、ハードウェアを提供するパートナーエコシステムはここ数年で飛躍的な数字で拡大と進化をしている。日本国内でも350社以上(2016年3月末時点、スタンダードレベル以上の合計)のAWSパートナーがユーザー企業のビジネスの変革を行っているが、こうしたパートナー企業の持つ数多くの導入事例はあまり知られていない。本資料では、日本国内のAWSパートナー企業が手がけた事例のうち、厳選された127件について導入背景および導入効果などを紹介している。

クロス・ヘッド提供コンテンツ

  • 社内システムの「AWS化」がもたらすメリットとは? 移行で注意すべきポイントはどこか

    社内システムの「AWS化」がもたらすメリットとは? 移行で注意すべきポイントはどこか

    アマゾンのクラウドサービス、AWS(Amazon Web Services)の波が、企業向けITの領域を一気に浸食してきている。新たなWebサービスを開始するような場合はもとより、重要な社内システムでさえもAWS上へ移行する企業も出てきており、本格的なクラウド時代が到来している。従来、クラウドはITリソースの増減の激しい分野に向いていて、トラフィックが一定の社内システムなどの領域には向かないとされてきたが、なぜ社内システムにもクラウドなのだろうか。そのメリットについて、改めて整理してみた。

  • AWS活用事例:アプリケーション配信基盤の課題解決方法

    AWS活用事例:アプリケーション配信基盤の課題解決方法

    タイタンは医療画像診断専門医との豊富なネットワークを有し、多くの製薬・医療機器メーカー向けに高品質の 「医療画像解析サービス」を提供している企業だ。同社の画像配信基盤は従来オンプレミス環境にあったが、利用者が増加した際のパフォーマンスの維持、ハードウェアの障害対策、セキュリティの確保といった運用負担の課題を抱えていた。

野村総合研究所提供コンテンツ

  • 野村総合研究所が指南、AWS導入で「運用が面倒になった」とならない方法

    野村総合研究所が指南、AWS導入で「運用が面倒になった」とならない方法

    初期導入コストの低減、スモールスタート、スケーラビリティ……など、クラウドには数多くのメリットがある。中でもAWS(Amazon Web Services)はセキュリティや信頼性も向上し、オンプレミスの基幹系システムをクラウドに移行する企業も増えてきた。ただし、見落としがちなのがクラウド移行後のシステム運用だ。システムだけクラウド化し、運用が従来と変わらなければ、さまざまな問題が生じる可能性がある。野村総合研究所(以下、NRI)に、クラウド化後の運用の「落とし穴」とその解決策を聞いた。

  • エンタープライズシステムのAWS移行、運用管理やモバイル開発、WAF導入はどうすべきか

    エンタープライズシステムのAWS移行、運用管理やモバイル開発、WAF導入はどうすべきか

    「クラウドは今や(企業 IT の)ニューノーマル」――。これは、アマゾン ウェブ サービス ジャパンのエコシステム ソリューション部 部長 松本大樹氏が掲げたフレーズだ。実際、多くの国内企業が「Amazon Web Services(AWS)」上で基幹業務システムや戦略システムの構築・運用に乗り出している。本資料では、本格化するエンタープライズシステムのAWS移行の現状と解決方法について事例などを交えながら紹介する。

サイオステクノロジー提供コンテンツ

  • 知っておくべき「AWS運用」のポイント、クラウドの安定稼働はどうすれば実現できるか

    知っておくべき「AWS運用」のポイント、クラウドの安定稼働はどうすれば実現できるか

    アマゾンのクラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」の普及によって、企業規模を問わず、あらゆる情報システムがクラウド化に向かっている。こうした中、これまでオンプレミスで行ってきたシステムをクラウドでいかに運用するか? という点に頭を悩ませている企業は多い。オンプレミスからクラウドに移行することで運用が楽になるという側面はあるが、従来までのオンプレミスの運用/監視とはまた異なるノウハウも求められるのだ。AWS上で「可用性」と「継続性」を担保し、システムを安定稼働させるための運用のポイントを解説しよう。

  • IDOM(旧社名:ガリバーインターナショナル)はいかにしてAWSの可用性を高めたか

    IDOM(旧社名:ガリバーインターナショナル)はいかにしてAWSの可用性を高めたか

    1994年に創業したIDOM(旧社名:ガリバーインターナショナル)は、2018年2月末までの中期経営計画のもとで、日本国内800店舗計画とあわせたグローバル戦略を推進。ASEAN加盟国を含めトータルで1600店舗に拡大する計画だ。こうした事業の成長に迅速かつ柔軟に対応できるIT基盤を目指して、IDOMはこれまでオンプレミスで構築・運用してきた既存システムの全面的なクラウド移行を進めている。クラウドに移行した場合であっても重要なデータの保護は必須事項だが、同社が可用性を高めるために選んだ「シンプルで確実な方法」とはいかなるものか。

  • 【技術資料】LifeKeeper for Linux - EC2環境向けHAクラスター構築ガイド

    【技術資料】LifeKeeper for Linux - EC2環境向けHAクラスター構築ガイド

    AWS上に構築されたシステムの可用性や継続性を高めるために、EC2インスタンスにサイオステクノロジーのLifeKeeperを導入し、用途に合わせて柔軟なHAクラスターシステムを構築することができる。本資料では、アプリケーションを保護する一つの例としてApache Web ServerをAWS環境で稼働させ、クラウド環境におけるHAクラスターシステムを構築する手法を解説する。