IT導入検討

会員限定

レノボ・ジャパン株式会社提供コンテンツ

2017年03月09日

【調査レポート】ハイパーコンバージドは3年間のIT投資をどれだけ削減できるのか

技術文書

ビジネスやテクノロジーの専門家コミュニティであるWikibonの調査によると、継続的なITオペレーションの管理作業にIT部門が投じている額は、世界全体で3,000億ドル(31兆5,000億円)以上に及ぶ。こうした管理は非定型な作業で、アプリケーションが価値を生み出すまでの時間(価値実現時間)の短縮やITコスト削減にほとんど寄与していないばかりか、IT部門の生産性を阻害する要因にもなっている。しかし、コンバージドアプリケーションアプライアンスを導入することで、コンポーネント数の抑制、コストの削減、価値実現時間の短縮を大きく促進できる可能性がある。本資料では、(1)VMware Virtual SAN(VSAN)を基盤とするサーバーSANを利用した場合、(2)Lenovo/Nutanix のコンバージドインフラを導入し、仮想化レイヤーにVMware を利用した場合、(3)Lenovo/Nutanix のコンバージドインフラを導入し、仮想化レイヤーにNutanix Acropolis Hypervisor を利用した場合の3つの手法で、3年間にかかるアプリケーション移行にかかる総コストなどを比較したケーススタディを紹介する。

ページ数:10ページ
内容(一部抜粋)
●コンバージドシステムの価値についての事前考察
●ケーススタディ分析のエグゼクティブサマリー
●ケーススタディ分析で割り出したコストと価値実現時間
●ケーススタディの投資対効果分析

この続きは会員限定です

関連コンテンツ


《ご購入前のご相談・お見積りのご依頼はこちら》
会社名 :レノボ・ジャパン株式会社
E-mail :hojin_jp@lenovo.com
TEL  :0120-68-6200
受付時間:月曜日〜金曜日 9:00〜17:30
(土、日、祝日、5月1日、12月30日〜1月3日を除く)
http://www.lenovojp.com/business/product/server/

特集ロゴ