IT導入検討

会員限定

NEC、ホートンワークスジャパン株式会社、VUPICO合同会社提供コンテンツ

2017年07月14日

IoT時代のビッグデータ活用を助ける大規模分散処理プラットフォームとは

セミナー資料

世界に存在するデジタルデータ量は2020年には2013年の10倍である44兆GBに達すると予測され、IoTに関わる「つながるデバイス」は1兆個に上る見込みだ。こうした中、各企業がすでに所有しているデータウェアハウスやメインフレームなどに蓄積されているデータに加え、新たなデータソースである「準構造化データ」「非構造化データ」への対応も急務だ。こうした課題解決のカギを握る「大規模分散処理プラットフォーム」を紹介する。

ページ数:37ページ
内容(一部抜粋)
●IoT時代におけるビッグデータの活用
●大規模分散処理プラットフォーム
●次世代リテイル向けシステム
●大規模分散処理プラットフォーム
●検証環境について

この続きは会員限定です