IT導入検討

会員限定

日本ヒューレット・パッカード株式会社(HPE)提供コンテンツ

2017年08月01日

【事例】年間684兆円のFX取引を支える「予測不可能な要求に適応できるシステム」とは

導入事例

SBIグループにおける外国為替事業を統括するSBIリクイディティ・マーケット。同社は2008年の設立以来、右肩上がりで成長を続け、2016年におけるFX売買金額は684兆円に達した。同社は顧客からのアクセスを受けるクライアント系システムを刷新。24時間無停止でFX取引サービスを提供し、1日1億件以上のトランザクションをリアルタイムで処理するシステムとして、コンポーザブル・インフラ製品「HPE Synergy」を選択した。わずか30秒で物理サーバの役割を自由に変えられて、セットアップや構成変更が自動実行され、エンジニアのスキルも問わない「予測不可能な要求に適応できるシステム」を実現した。

ページ数:4ページ
内容
●世界のFX取引をリードするSBI リクイディティ・マーケット
●コンポーザブル・インフラ製品HPE Synergyをいち早く採用
●セットアップを自動化し2日を要していた作業を30秒で実現
●グローバルなビジネス成長を支えるワークロード最適化戦略

この続きは会員限定です