開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/06/13

なぜ多くのAIプロジェクトはPoCで終わるのか? 失敗から見えてきた5つの「落とし穴」

現在、多くの企業が人工知能(AI)のビジネスへの活用に取り組んでいる。すでにいくつかの成功事例も出てきているが、その裏側では、PoC(概念実証)から先に進めず、頓挫するAIプロジェクトが増えているのも事実だ。なぜ、多くのAIプロジェクトは失敗するのか。そこには、いくつかの“落とし穴”が存在することが分かってきた。

photo
AIプロジェクトは増えたが失敗も多い
(Photo/Getty Images)

AIプロジェクトにおけるPoCの重要性

 現在、第3次人工知能(AI)ブームにあると言われる。過去2回は期待されながら失速したという歴史があるが、今回ブームが到来した背景には、AIに欠かせない機械学習/ディープラーニングが手軽に実行できるようになったこと、そしてAIを支える技術の進展やそれを取り巻く環境の変化がある。

 また、ビジネス活用へのお膳立ても整ってきており、ITベンダーからも数多くのAIソリューションが提供されている。AIを活用した華々しい成功事例を目にする機会も増えてきたことで、多くの企業の経営陣が積極的に音頭を取るケースも出てきた。

 このようにAIプロジェクトに着手する企業が増えてきた一方で、その失敗のパターンも見えてきた。特に「プロジェクトがPoC止まりになる」ケースをよく見かける。

 典型的なAIプロジェクトは「課題・要件分析」「PoC」「パイロット」「本番適用」という流れを取る。中でも、PoCは本番適用に向けて本格投資を行うかを見極める重要なフェーズである。PoCの検証を通して、「ゴールが達成できそうか」「AIの限界がどこにあるか」「実際に運用できるか」「投資対効果として問題がないか」などを判断していくのだ。

 しかし、何度もPoCを繰り返しても本格適用まで進めず、しまいには検証を断念する“PoC疲れ”を起こしてしまう企業もある。実は失敗パターンを分析していくと、陥りやすい落とし穴の存在に気づく。大きく5つのパターンがあり、それらを認識しているかどうかで「AIプロジェクトの成否」が分かれるのだ。

 5つの落とし穴は一体どこにあるのだろうか? 以降で詳しく解説していく。
この記事の続き >>
・落とし穴1:AIは万能ではない
・落とし穴2:AIで100%の精度を保証することは難しい
・落とし穴3:AIはやってみないと上手くいくか分からない
・落とし穴4:AIは大量のデータを持っている人だけのものではない
・落とし穴5:AIの学習データ作成はエンジニアだけでは務まらない
・落とし穴が多くても、AIに挑戦する価値はあるのか?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!