開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/08/06

グーグル発の運用モデル「SRE」、AIOpsでIT運用に安定を

システム運用において、グーグルが提唱・実践する「サイト・リライアビリティ・エンジニアリング(SRE)」モデルへの注目が集まっている。アプリの安定性・信頼性・可用性をリアルタイムに改善することを期待されているSREチームだが、先進的な企業のSREチームであっても、いくつもの課題に直面しているのが現状だ。中でも、ハイブリッド・マルチクラウド環境下で急増するデータから、必要なデータを選別し、インシデント解決に導くまで、多くの時間を要し、本業であるアプリ開発やサービス向上のための時間を奪われてしまっている。これらの状況を改善するには、IT運用にAIと自動化を活用した「AIOps」が必要だ。AIOpsがSREにどのようなメリットをもたらすか説明する。

SREの成功にはAIOps活用が必須な理由

photo

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!