開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/10/25

クラウドサービスを使いたい場所で。業種別14事例でわかる「分散クラウド」の有能さ

クラウド環境が複雑さを増す中、「セキュリティやコンプライアンス、パフォーマンスなどの事情からクラウドにアプリケーションやデータを置けない」「オンプレとクラウドをまたいでアプリケーションをスムーズに運用したい」といった声も多く聞かれる。そのような状況で、クラウドサービスを使いたい場所で使えることができ、なおかつ「手間いらず」として注目されているのが「分散クラウド」である。

photo
14の分散クラウド事例を紹介する
(Photo/Getty Images)

なぜ「分散クラウド」が注目されているのか

 迅速かつ柔軟なソフトウエア開発を目指し、コンテナ技術の導入を検討する企業は多い。コンテナは複数の環境で、アプリケーションの構築からテスト、導入、再導入できるという特性を持つ。

 DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進したい企業にとって、スピード感を持ったアプリ開発は喫緊の課題だ。特に、企業向けのコンテナ環境であるOpenShiftを、自社のデータセンター、国内外の工場などの拠点、パブリッククラウドなどで使いたいという要望は急増している。

 しかし、コンテナ技術の導入には克服すべき課題も多い。その1つがコンテナ技術のスキルを持つ人材の不足だ。コンテナ環境を自社で一から構築して運用するには、多くの工数を要する。それらに必要なコンテナ技術のスキルを新たに習得するには一定の時間がかかる。そのため、多忙な現場で「もっとコンテナ技術の活用を進めたいが、手が回らない」という状況が生じている。

 求められているのは、開発者の手を煩わせることなく、あらゆる環境で一貫したアプリケーションの構築、展開、実行ができる環境だ。このすべてを叶えるのが「分散クラウド」である。以降では、業種別に14のユースケースから実際にどのように活用ができるのかを詳解する。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ハイブリッドクラウドの傷みを解決

ハイブリッド
クラウド最前線

今必要な
セキュリティ対策

データ・ファブリックでデータ活用

AIを活用し
IT運用を自動化

AI/自動化で
業務プロセス改善

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!