開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
  • ヤマハはどうやって電子契約導入を進めた? 1~2週間かかった契約業務もその日に完了

ドキュサイン・ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/11/26

導入事例

ホワイトペーパー
ヤマハはどうやって電子契約導入を進めた? 1~2週間かかった契約業務もその日に完了
楽器や音響機器の製造販売から、ゴルフ事業や音楽レーベルなど多彩な事業を展開するヤマハでは、2019年から電子署名の導入による契約の電子化を検討していた。2020年9月から、グループ会社も含めた全社での電子契約の本格導入をスタート。これまで締結に1~2週間かかっていた雇用契約が、早いものではその日のうちに完了するようになったという。契約の手間や時間を軽減しただけでなく、印紙代の負担もなくなった。とはいえ導入開始までには、根強い「ハンコ文化」によるさまざまな課題が立ちはだかった。同社ではどのようにして課題を1つ1つ解決していったのだろうか? 本書は、その詳細な経緯を紹介する。
ページ数:2ページ
内容(一部抜粋)
●電子署名検討のきっかけ
●法務部とDX推進部署がどのように進めたか
●導入からわずか半年で得られた効果

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!