Day1(6/1)はこちら

講演者

IT批評家、藤原投資顧問 書生

尾原 和啓

Team Cross FA

プロデュース統括

株式会社FAプロダクツ

代表取締役会長

天野 眞也

かげこうじ事務所 代表

クリエイティブディレクター

経営マーケティングコンサルタント

鹿毛 康司

ソフトブレーン株式会社

上席執行役員

長田 順三

株式会社データ・
アプリケーション

マーケティング本部
シニアコンサルタント

中井 基雄

Sansan株式会社

Sansan事業部
エンタープライズ営業部 マネジャー

篠根 麻里

ウイングアーク1st株式会社

DEJIREN事業開発部 副部長

大畠 幸男

ファイルフォース株式会社

マーケティングマネージャー

佐々木 裕子

インフォアジャパン株式会社

ソリューション
コンサルティング本部
本部長

石田 雅久

プログラム

13:00

13:05

オープニングトーク

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

パートナーアライアンス統括本部 テクノロジーパートナー本部 ISV/SaaS ビジネス推進部長

岡崎 貴紀

13:05

13:40

基調講演4

デジタル庁新設で変わる日本のIT環境!2021年に企業が取り組むべきDXとは
~すぐに始められるデジタル変革への道~

産業変革によって、メーカーがプラットフォーマーの下請化するリスクなど地殻変動が待った無しの中、ユーザーと社会に選ばれるDXに関して中国、アジアなどの先進事例を中心にアフターデジタル共著者元Googleの尾原が実践的に語ります。

IT批評家、藤原投資顧問 書生

尾原 和啓

 

13:40 - 13:45 転換

 

業務支援

バックオフィス

13:45

14:10

2-1

【コロナ禍だからこそ科学的組織営業を】
営業DXで売上最大化のための新規開拓営業と既存拡大営業を極める

コロナ禍で営業もオンライン営業と対面営業を使い分けながら、活動を余儀なくされている。しかし、既存顧客への営業もオンラインでは情報が取りにくい。新規顧客とは案件が前に進みにくいなどの課題が浮き彫りに。どうやって、今後のコロナ禍にてワンチームで科学的な組織営業手法を取り入れて、売上拡大を目指すのか?を事例を交えて生々しく解説します。

ソフトブレーン株式会社

上席執行役員

長田 順三

2-4

EDIの民主化
~ユーザー部門によるはじめてのEDI~

ビジネスのスピードは年々加速しています。それは日本のEDIにも同じ事が言えます。これまで当たり前のように存在し利用していたEDIも民主化の時を迎え、より多様な業務を支える重要な基盤となります。
本セッションでは、EDIの民主化後に新たなEDIの担い手になるユーザー部門の皆様へ向けて「これまでの日本のEDI」と「これからの日本のEDI」についてご説明し、来るDX時代を見据えた『EDI事例』についてご紹介します。

株式会社データ・アプリケーション

マーケティング本部 シニアコンサルタント

中井 基雄

 

14:10 - 14:15 アンケート記入・切り替え

14:15

14:40

2-2

コロナ禍でも成長する組織が実践する営業モデル
~今すぐ始められる営業のデジタル変革~

新型コロナ感染症問題により、企業は非接触での営業スタイルへのシフトを余儀なくされ、結果、オンライン営業ツールの導入やコラボレーションツールの導入、活用は促進されました。一方でコロナ禍で本質的な営業成果を上げられている組織は多くないのではないでしょうか。
従来の営業モデルでは、ツール導入だけではコロナ禍で成果を上げ続けることはできません
本セッションでは、コロナ禍でも事業成長を実現する組織が実行する営業モデルと実践方法についてお話しします。営業のデジタル変革を今、スタートしませんか。

Sansan株式会社

Sansan事業部 エンタープライズ営業部 マネジャー

篠根 麻里

2-5

チャットから売上データをいつでも確認!
これから始める、現場営業のヒトとデータの繋ぎ方

営業活動を行う中で日々作成する日報やデータ。それらを単に入力しただけで終わっていませんか?
社会全体でデジタル・トランスフォーメーション(DX)が進む中、現場の営業がデータに対する意識を高め、自身や部署のデータを基に判断し、最適なアクションをとっていくこと、そしてその文化を作っていくことが重要になってきています。
一方で、入力したデータを一つ一つ確認することへの煩雑さを感じている、課題感を持っている方が多いことも事実です。
本セミナーでは、チャットを入り口に社内システムやデータにアクセスすることで、営業活動状況をより的確に把握し、より迅速に判断することのできるソリューションをご提案いたします。

ウイングアーク1st株式会社

DEJIREN事業開発部 副部長

大畠 幸男

 

14:40 - 14:45 アンケート記入・切り替え

14:45

15:10

2-3

国産クラウドストレージで始めるDX
~ テレワークや脱PPAPだけじゃない、データ活用事例 ~

ファイルストレージは、日々の業務において身近かつ高頻度に使うものだからこそ、クラウドサービスをビジネスの変革フェーズに合わせて上手く活用することにより、高いDX効果を発揮・実感することができます。組織や業務を横断する情報共有手段としてはもちろん、データ活用のためのプラットフォームとしても可能性は広がる一方です。本セッションでは、新しい働き方の導入に最適なクラウドストレージサービス”Fileforce”の特徴に加え、国産SaaSだからこそ実現できる、AWS上のお客様環境との柔軟な連携とデータ活用の事例もご紹介します。

ファイルフォース株式会社

マーケティングマネージャー

佐々木 裕子

2-6

デジタル戦略におけるERPの新たな役割と基幹業務システムの刷新についての考察

デジタルの進化と深化が、すべての業種に破壊的なインパクトを及ぼしています。本セッションでは、デジタルによる差別化や自動化のトレンドを解説して、InforのAWSを基盤とするポストモダンの業界特化型クラウドERPが皆様のデジタル戦略でどのような役割を果たすか、基幹業務システムの刷新する上での留意事項は何かを分かりやすく説明します。

インフォアジャパン株式会社

ソリューションコンサルティング本部 本部長

石田 雅久

 

15:10 - 15:15 アンケート記入・切り替え

15:15

15:50

基調講演5

心を知ればモノが売れる。

人は経済合理性だけでは行動していない。5%の顕在意識と95%の無意識で消費行動している。その95%にどうアプローチしていけば良いのか。それをご紹介いたします。

かげこうじ事務所 代表

クリエイティブディレクター
経営マーケティングコンサルタント

鹿毛 康司

基調講演6

急速に進むDX化の重要性と製造業におけるDXの必要性

人手不足やコロナ禍で急速に進むDX。グローバル競争の中で企業が勝ち残るために避けて通れないDX化の重要性について、ご紹介します。また日本の基幹産業である製造業におけるDX化の必要性と実例について解説します。

Team Cross FA

プロデュース統括

株式会社FAプロダクツ

代表取締役会長

天野 眞也

15:50

16:00

クロージングトーク

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

パートナーアライアンス統括本部 テクノロジーパートナー本部 ISV/SaaS ビジネス推進部長

岡崎 貴紀

  • ※プログラム、タイトルは、予告なく変更される場合があります。

開催概要

新型コロナの世界的大流行により、企業は、事業継続や、サプライチェーンの再構築、在宅勤務も含めた働き方改革など、新たな課題に直面しました。しかしこれは未曾有の危機であると同時に、長い時間をかけても解決できなかった、デジタル変革や、働き方の多様化、ビジネスモデルの再構築を、急ピッチで進めるチャンスでもあります。本Webセミナーでは、各業界の有識者・企業に登壇いただき、これまで企業が抱えてきた課題(バックオフィスの業務環境改善・2025年問題・働き方改革・デジタル変革・テレワーク下でのセキュリティ対策や業務推進など)を整理するとともに、ニューノーマルの働き方改革を推進するための、デジタルトランスフォーメーション/バックオフィス改善/企業戦略/IT環境改善/クラウド活用戦略等を解説します。


Day1(6/1)はこちら

名称

Webセミナー

ビジネス+IT with AWSパートナー Webセミナー

デジタル庁新設で変わる日本のIT環境!
2021年に企業が取り組むべきDXとは

~すぐに始められるデジタル変革への道~ Day2

日時

2021年6月2日(水)13:00 - 16:00

会場

オンライン

受講料

無料(事前登録制)

主催

SBクリエイティブ株式会社(ビジネス+IT)

特別後援

アマゾンウェブサービスジャパン株式会社(AWS)

協賛

インフォアジャパン株式会社

ウイングアーク1st株式会社

Sansan株式会社

ソフトブレーン株式会社

株式会社データ・アプリケーション

ファイルフォース株式会社

※アルファベット順

メディア協力

事前登録&セミナー視聴後に表示される講演アンケートにお答えいただいた方へ
特典をご用意しております。


(1)講演アンケート回答者全員もれなく「講演資料PDF/カタログPDF」を進呈!
(2)講演アンケート回答者全員もれなく「Amazonギフト券1,000円」を進呈!


  • 対象講演:
  • インフォアジャパン株式会社
  • ウイングアーク1st株式会社
  • Sansan株式会社
  • ソフトブレーン株式会社
  • 株式会社データ・アプリケーション
  • ファイルフォース株式会社
  • ※注意事項※
  • (1)「講演資料PDF/カタログPDF」のダウンロードページは公演終了後3営業日以内に
    事務局よりご案内いたします。
  • (2)Amazonギフト特典は、ご登録時期に関わらず
    事前登録&セミナー視聴後に表示される講演アンケートにお答えいただいた全ての方に
    [もれなく1,000円]の進呈となります。
  • (3)ご応募はお一人様1日程につき1講演分限りとさせていただきます。
  • (4)競合企業にお勤めの方、法人勤務以外の方、ご記入内容に不備がある場合は
    ご応募を無効とさせていただきます。

1. 本キャンペーンはSBクリエイティブ株式会社による提供です。本キャンペーンについてのお問い合わせはAmazonではお受けしておりません。SBクリエイティブ ビジネス+ITセミナー事務局 (seminar@cr.softbank.co.jp) までお願いいたします。

2.Amazon ギフト券細則については http://amazon.co.jp/giftcard/tc(PC)または http://amazon.co.jp/jpgc_tc_aw(携帯)をご確認ください。

3.Amazon、Amazon.co.jp および Amazon.co.jp のロゴは Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

※Amazonギフト券で、2億種類を超える品揃えの総合オンラインストアAmazon.co.jpにてお好きな商品をお買い求めいただけます。