IT導入支援

会員限定

ソフトバンク コマース&サービス株式会社提供コンテンツ

2014年08月07日
ジュニパーネットワークスとソフトバンク コマース&サービス 本音座談会、今求められるネットワークとセキュリティの要件とは?

近年、スマートフォンやクラウドの普及、サイバー攻撃の活性化・多様化により、ビジネスで求められるネットワーク/セキュリティ環境は急速に変化している。そこで注目されるのが、ネットワークとセキュリティを一元管理できる製品だ。ジュニパーネットワークスが提供する「SRXシリーズ」は、そうしたニーズに応えるものとして注目を集めている。ここでは、同製品の開発元であるジュニパーネットワークスと長年ジュニパーネットワークス製品の販売を手がけているソフトバンク コマース&サービスが、ネットワークとセキュリティに求められる要件の変化、そしてそれに伴った「SRXシリーズ」の技術と進化について徹底的に語り合った模様をお届けする。

総合的なセキュリティとネットワーク管理が一体化

photo

ジュニパーネットワークス
マーケティング本部
本部長
近藤 雅樹 氏

photo

ソフトバンク コマース&サービス
ICT事業本部MD本部
ソリューションテクノロジー部
技術支援1課
鵜重 翔一 氏

photo

ジュニパーネットワークス
技術統括本部
第一技術本部
システムエンジニア
松田 健 氏

──SRXとはどのような製品なのかを教えてください。

近藤:SRXは、中堅・中小企業の拠点からデータセンターなどの大規模拠点までを対象に、ネットワークやセキュリティの機能を総合管理する製品です。

少し歴史を紹介しますと、われわれは2004年にネットワークセキュリティに特化したネットスクリーンを買収しました。ScreenOSベースの「SSG(Secure Service Gateway)」という製品は、ファイアウォール/IPsec-VPN(Virtual Private Network)(注1)機器市場で圧倒的なシェアを誇っており、現在でも多くのお客さまに愛されています。SRXは、そうしたネットスクリーンが持つセキュリティ技術と、ジュニパーのネットワーク管理技術を統合したものです。

鵜重:グローバル市場でもSSGは大ヒット製品で、日本だけでなく世界中で多くのお客さまから支持されています。具体的な数字は申し上げられませんが、われわれの売上げ実績でも、かなりの割合を占めています。

松田:SRXは、SSGのすぐれた部分をさらに拡張した製品と考えてください。SSGのOSである「ScreenOS」が提供するファイアウォール/VPN/UTM(アンチウイルス/不正侵入防御/Webコンテンツフィルタリングなど)の技術を、SRXのOSである「Junos」に統合しました。これにより、SSGの高度なセキュリティ機能と、ジュニパーが従来から持つルーティング、スイッチングなどの機能が、1つのOS上で管理できるようになったのです。

堀:総合的なセキュリティとネットワーク管理が一体化したことで管理者は、運用/管理にかかる手間を大幅に削減できました。1つの画面であれこれ操作できるので、本当に便利なのですよね。さらにアプリケーションの制御もできるようになりました。

注1 IPsec-VPN
IPSec(Security Architecture for Internet Protocol)とはインターネットで暗号通信を行うための標準規格。IPsec-VPNは同規格を用いたVPN(Virtual Private Network/仮想専用ネットワーク)を指す。

この続きは会員限定です