IT導入支援

ヴイエムウェア株式会社提供コンテンツ

2017年04月26日
 【特集】SDx時代を勝ち抜くITインフラ改革

特集記事

  • SDDCは何を自動化できるのか? ITインフラの課題を「5つのレイヤー」に分解して解説

    SDDCは何を自動化できるのか? ITインフラの課題を「5つのレイヤー」に分解して解説

    俗人的で手作業の多い運用管理、構成変更や管理のたびに発生するドキュメント作成と承認フロー。IT基盤の運用全体を俯瞰すると、まだまだ解決すべき課題は残っている。こうした中で注目されるのが、データセンターで提供されるリソース全体を仮想化し、運用の自動化を目指す「Software-Defined Data Center(SDDC)」だ。今回はIT基盤を「物理層」「論理層」「仮想マシン層」「ミドルウェア層」「アプリケーション層」の5つのレイヤーに分けてそれぞれの課題をまとめるとともに、SDDCによって何が解決できるのかを整理してみたい。

  • 知っておくべき「ハイパーコンバージドインフラ(HCI)」の基本、製品選択のポイントは?

    知っておくべき「ハイパーコンバージドインフラ(HCI)」の基本、製品選択のポイントは?

    Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureといったパブリッククラウドの普及を尻目に、「ハイパーコンバージドインフラ(HCI)」と呼ばれるITインフラが注目を集めている。サーバ、ストレージ、ネットワークと仮想化のテクノロジーを1つの筐体に集約し、シンプルで拡張性の高い企業システムを構築できることから、データセンターを運用する大手企業やスピードを必要とする企業などで導入がすすんでいる。既存のITインフラやコンバージドインフラとの違いなど、ハイパーコンバージドインフラとは何かをあらためて整理し、製品選択のポイントを紹介しよう。

ホワイトペーパー

  • ハイパーコンバージドインフラ製品比較、差がつくポイントはどこなのか?

    ハイパーコンバージドインフラ製品比較、差がつくポイントはどこなのか?

    従来のITインフラと比較して、トータルコスト削減、容易性と柔軟性の向上、シンプルな管理ができるとされるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。そして、HCIを支える重要なテクノロジーが仮想化技術だ。実は、HCI製品を比較検討する際にも、この仮想化技術をシンプルで効率的に使えるかどうかがポイントになり得る。本資料では、業界で最も利用されているハイパーバイザ「VMware vSphere」に最適化されたVMwareベースのHCIのさまざまな特徴を解説する。