IT導入支援

NTTテクノクロス株式会社提供コンテンツ

2017年07月12日
 【特集】クラウド時代の今こそ特権ID管理を見直す

特集記事

  • 事例:日本ワムネット「より高まるお客様からのセキュリティ要件に的確に対応できる」特権ID管理体制を構築

    事例:日本ワムネット「より高まるお客様からのセキュリティ要件に的確に対応できる」特権ID管理体制を構築

    日本ワムネットは、1999年の設立以来、一貫してコンテンツ・ソリューション事業を展開してきた企業だ。特に同社のデジタルファイル伝送・保管サービスは、出版・メディア・エンタメ業界などで、GBクラスの大容量ファイルを安全かつ迅速に受け渡すオンライン・プラットフォームとして重用されてきた。その後、一般企業のビジネス文書への伝送ニーズが高まり、あらゆる業種・業界で活用されるサービス「GigaCC」を提供するに至った。日本ワムネットは、企業向けサービスの安全性を第一義に考え、この10年間で継続的な改善を進めてきたが、さらに顧客の要求に応えるべく、特権ID管理ソリューションを導入し、万全なセキュリティ体制を整備したという。

ホワイトペーパー

  • 特権ID管理は情報漏えい対策の最後の砦! 脅威に対し最低限考えるべき4つの対策とは

    特権ID管理は情報漏えい対策の最後の砦! 脅威に対し最低限考えるべき4つの対策とは

    特権IDは高度な権限を持つため、操作ミスや故意の操作によりデータの改ざんや情報流出の危険性をおびている。またシステム管理者が共有して使用することが多いため、インシデントが発生した後に、いつ・誰が利用したのかがアクセスログだけで特定することが困難だ。近年は特権IDが悪用された情報漏えい事件が続発しており、新たな課題として注目されている。そこで今回は、特権IDに関するリスクを「内部脅威」と「外部脅威」に分け、それぞれの脅威から特権IDを守るために最低限考えておきたい4つの対策を中心に解説する。