IT導入支援

会員限定

株式会社東芝 東芝情報機器株式会社提供コンテンツ

2015年03月16日
法人向け2 in 1タブレットの本命登場! 戸田 覚が東芝「dynabook R82」の使い勝手を徹底レビュー(後編)

ビジネスに最適なタブレットとは何か? 数々のタブレットを検証してきた戸田覚氏が、東芝「dynabook R82」を徹底レビュー。戸田氏が注目する「dynabook R82」のポイント、そしてビジネスの現場での使い勝手は?

本記事は『戸田 覚が東芝「dynabook R82」の使い勝手を徹底レビュー(前編)』の続きです。
戸田 覚(とだ さとる)
1963年生まれ。ビジネス書作家として、著書は累計で140冊を超える。PCやタブレットへの造詣も深く、徹底したユーザー視点、辛口の評価で多くのファンを獲得している。著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい』(ダイヤモンド社)など。

今だからこそPCに求められるのが生産性

いつでもポケットに入っているスマホでも、ある程度の情報は閲覧できる。メールを見たりニュースをチェックするなら、ほぼ満足できるだろう。

こんな時代になったからこそ、PCには生産性の高さを求めたい。情報を閲覧するだけならスマホやタブレットでもこと足りる。だからこそ、PCを使うからには、キーボードが使いやすくなければ満足できないのだ。

dynabook R82のキーボードで感心したのは、ストロークを1.5ミリ確保していることだ。薄型ノートの多くが1.2ミリのストロークで妥協しているなか、実用性を重視して選んだスペックだ。

ストロークとは、キーを押し下げる深さのこと。ストロークを浅くすれば、本体を薄く、スタイリッシュに設計できる。だが、1.2ミリストロークではどんなに頑張っても、1.5ミリストロークの打ち心地にはかなわない。だからこそ、目先の薄さよりも打ちやすさを重視したのだろう。モバイルノートPCとしては、1.5ミリは本体のスリムさと打ちやすさを両立する最適値だと思っている。一度このキーボードを打ち慣れてしまうと、浅いストロークでは打ちづらく感じるだろう。

photo

dynabook R82のキーボードは、1.5ミリストローク。
携帯ノートの中では特筆すべき打ち心地の良さだ。



カタログを見ていてもあまり気づかない部分だが、仕事で使うPCとしては、生産性に直結するだけに絶対に見逃せない重要なスペックだ。

ちなみに、dynabook KIRAシリーズは、軽さだけにこだわらずに使い勝手も両立した良いモバイルノートPCで僕自信も長年使い続けている。dynabook R82のキーボードはKIRAシリーズとストロークが同じで、打ち心地もかなり近い。本気で書類を作成したり、長文のメールを打ちたいなら、実機をタイプして、打ちやすさをチェックするべきだ。


ページ上部へ

アキュポイントも搭載する

キーボード部分をよく見ると、通常のタッチパッドに加えて、「アキュポイント」と呼ばれるスティックタイプのポインティングデバイスが搭載されている。

アキュポイントは東芝が昔からこだわって開発しており、ボタンに力を加えることでマウスポインターが動く仕組みだ。2つのポインティングデバイスが搭載されているので好きな方を使える。

ここで注目したいのが、アキュポイントにはクリックボタンが付いていることだ。ボタンとパッドが一体になっているタッチパッドでは、片手でのドラッグ操作が非常に辛い。dynabook R82なら、ドラッグの際にはアキュポイントを使うという使い分けもできる。

キーが省略されていないことにも注目しておきたい。2in1モデルやキーボード付きタブレットの中には、一部のキーを略している製品も目に付く。例えば、「PrintScreenキー」を省略している機種もある。業務用のアプリを導入した際に、「伝票の印刷はPrintScreenを押すだけ」といった割り当てがされていると困ってしまう。

photo

クリックボタンが用意されているので
ドラッグ操作がしやすい。


ページ上部へ

タブレットにはペンが必須だ

この続きは会員限定です

関連リンク

ご購入・導入のご相談はこちら


法人向け製品情報はこちら


Web直販モデルはこちら




 dynabook R82(東芝)
 CPU: インテル® Core™ M-5Y71 vPro™ プロセッサー
 OS: Windows 8.1 Pro Update
 メモリ: 4GB
 SSD: 128GB
 ディスプレイ: タッチパネル付き 12.5型 フルHD
 質量: 約1.41キログラム
 バッテリー駆動時間: 約10時間

 RT82(東芝)
 質量: 約699グラム

関連コンテンツ

企業が今導入すべきタブレットとは?エバンジェリスト、編集部の視点から徹底解剖します。

今、企業が導入すべきビジネス タブレット