開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/03/22

AWSの導入事例6社で知る、サーバレスの“効果的な使い方”

iRobotやAutodeskなどの活用法

今やITインフラをクラウド化し、コスト削減やビジネスの俊敏性向上といったメリットを享受している企業は珍しくない。しかし、サーバレスアーキテクチャを活用すれば、こうしたクラウドの利点をさらに深く引き出すことができる。iRobotなど6社のAWS Lambda導入事例などを紐解きながら、サーバレスの基本から効果的に使う方法まで、網羅的に解説する。

photo
サーバレスの理解を深め、事例から有効な活用法を探る
(©MyCreative - Fotolia)

意外と生じるクラウドの課題、サーバレスのメリットとは?

 ITインフラにクラウドを利用すると、ハードウェアの調達や設置が不要なためコスト削減につながったり、ITリソースを容易に増減できるため、ビジネスの俊敏性が向上する。

 しかし、課題がないわけではない。クラウドサーバの管理やパッチ適用、冗長化などは変わらず必要だからだ。加えて、⼗分に活⽤されていないアイドル状態のサーバにも課金され、無駄なコストがかかってしまう。

 そこで注目を集めているのが「サーバレスアーキテクチャ」だ。サーバレスは名前の通り、サーバを扱う必要がなくなる。課金はリクエストされた分(コードの実行にかかった時間)だけのため、アイドル状態のサーバにコストがかかることもない。スケーリングや可用性、対障害性といった機能も組み込み済みなので、サーバの管理は一切いらなくなる。

6社のAWS Lambda導入事例でわかる「効果的な使い方」

 では、実際にサーバレスを導入する際には、どんな検討事項があるのか。具体的なユースケースは何か。逆にサーバーレスが最適な選択肢に“ならない”ケースはどんな場合か。こうした実用的な面は、なかなか見えにくい。

 そこで、サーバレスの具体的な活用ノウハウや導入するプラットフォームの選び方、デメリット、AWSのサーバレスプラットフォームの特徴などを27ページのホワイトペーパーにまとめた。

 また、すでにサーバレスを導入している企業、掃除ロボット「ルンバ」などのロボットを製造するiRobotや、3D設計およびエンジニアリングソフトウェアを手がけるAutodesk、メディアや情報を手がけるThomson Reutersなど、計6社のAWS Lambda導入事例も紹介する。

 こちらを一読いただき、ぜひサーバレスを効果的に活用してほしい。
photo

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!