開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

マイクロフォーカス合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/01/27

なぜITプロジェクトは71%が失敗するのか? モダナイゼーション成功の3つの戦略とは

あらゆる企業・組織においてDX(デジタルトランスフォーメーション)の実現が喫緊の課題となっているが、既存のレガシーシステムをどう有効活用するかに頭を悩ませる企業は多い。ある調査では、92%の企業が「現在のコアアプリケーションは戦略的に重要」だとしながらも、ITプロジェクトの失敗率は71%にのぼり、それにより、全世界で年間約200兆円の損失が生まれているという。そこで重要になるのが、既存システムのアプリケーションやデータ、スキルを有効活用しながら、ITの“攻め”と“守り”のバランスを取る「モダナイゼーション」のアプローチだ。本動画では、メインフレームやオープンレガシー上の既存アプリケーション資産について、COBOLユーザーの動向や既存資産活用のメリットなど、「何を(What)」「どのように(How)」「どの領域に対して(Where)」モダナイゼーションを進めていけばよいか、その戦略について解説する。

photo

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!