開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

マイクロフォーカス合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/01/27

レガシーITシステムのDXを「低リスク」「短期間」「低コスト」で実現する方法とは

DX(デジタルトランスフォーメーション)実現には「既存システムの運用コスト削減とモダナイゼーション」がカギとされる。つまり、コストを抑えつつ、既存ビジネスロジックに、いかに最新技術を取り入れていくかが大きなテーマだ。「安定性が重視され、変更頻度が少ない」基幹系システムの特性を見据え、低リスク、短期間、低コストでDXを実現するには、既存資産を有効活用するモダナイゼーションが有効だ。本動画では、モダナイゼーションのステップとして、「できる部分から段階的にモダナイズし、最新OSやクラウド、コンテナなどの環境へ移行すべき」と解説している。メインフレームの既存資産をできるだけ修正せずにオープン環境へ移行する「リホスト」のソリューションと活用事例や、最新技術を活用し、インフラだけでなくアプリケーションや開発プロセスにも効果的なモダナイゼーションのソリューションも紹介されているので参考にしてほしい。

photo

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!