開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

マイクロフォーカス合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/01/27

DXに向けた既存IT資産の最適化、モダナイゼーションのための「4つ選択肢」を解説

DX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組む企業にとって、メインフレームやオープンレガシー上の既存アプリケーション資産をいかに最新環境に対応させるかがポイントだ。本動画では、現在稼働中の資産を活かしながら最新環境で最適化する「モダナイゼーション」について、4つの選択肢があるとする。そして、開発時にかかるメインフレームのワークロードを減らしコスト削減をめざす「クロス開発」や、メインフレームの既存資産をできるだけ修正せずにオープン環境へ移行する「リホスト」、システムの特性に応じ適材適所の言語で開発を行う「マイグレーション」について具体的なソリューションを紹介している。また、既存アプリケーション資産の棚卸しと分析を可能にする「解析ツール」についても紹介されており、モダナイゼーションの具体的な手法について知りたい担当者に有用な情報だ。

photo

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!