開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社エフアンドエム提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/03/19

給与明細だけでも年30万の損、やらない理由がない「バックオフィスDX」

コロナ禍が長引く中、今やテレワークは定番の働き方になった。だが、依然として出社を余儀なくされているのが、「紙とハンコ」が必須のバックオフィス部門だ。人手による作業に費やす膨大な能力と時間を、新しい成長のための仕事に振り向け、さらにはテレワークの恩恵を受けられるようにするには、ペーパーレス化を通じたデジタル化・クラウド活用が欠かせない。今回は、そのためのクラウドサービス選定のポイント、活用のヒントを紹介していこう。

photo
バックオフィス業務の進化を止めている原因は明らかだ
(Photo/Getty Images)

テレワーク率が物語る、バックオフィス部門の根強い紙文化

 新型コロナウイルスの出現によって、最も大きく変わったことの1つが、私たちの働き方だ。とりわけリモートワークはもはや「定番」のワークスタイルとなり、テレワークのためのツールも次々に登場しつつある。

 にもかかわらず、依然として「出社しないわけにいかない」オフィスワーカーも存在する。その代表が、バックオフィス業務に関わる担当者だ。パーソル総合研究所が行った職種別テレワークの実施率を見てみると、1位の「コンサルタント」が74.8%であるのに対し、「財務・会計・経理・法部」は31.7%、「事務・アシスタント」はわずか26.1%である。

 背景には、日本の「紙とハンコ文化」があるのは言うまでもない。紙からの脱却が、バックオフィス業務における働き方改革の第一歩である。

 すでに行政も「紙とハンコ」のデジタル化を積極的に進めており、2020年4月からは資本金1億円超の企業を中心に、社会保険・労働保険の主要な手続きの電子申請が義務化された。企業経営の点でも、電子化=ペーパーレス化は待ったなしの課題なのだ。

 では、その実現のためにカギとなる具体的なクラウドサービスの選択ポイントと活用例を見ていこう。

この記事の続き >>
・バックオフィスDX実現に欠かせない、たった1つのキーワード
・バックオフィス業務のペーパーレス化のメリット
・導入済みシステムをムダにしない、クラウドサービス選定ポイント

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!