開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/10/25

平均「5億円超」が失われる? “データ侵害コスト”調査結果から見える事実と対策

社会全体のデジタル化やパンデミック対策としてのリモートワークの拡大など、急速な環境の変化でデータ侵害の被害に遭う企業・組織が増加している。サイバーセキュリティ業界の主要なベンチマークである『2021年 データ侵害のコストに関する調査レポート』によると、データ侵害の平均総コストは前年比で10%近く増加し、直近17年間で過去最高額を記録したという。調査結果の詳細な分析を踏まえて、対応コストの低減に効果があるセキュリティ対策を探る。

photo
急増するデータ侵害コスト、最新調査結果から発生原因と有効なセキュリティ対策を探る
(Photo/Getty Images)

データ侵害で生じるコスト、日本は平均5億1000万円

 2020年以降は世界的なパンデミックの影響を受け、多くの企業がリモートワークを推進し、クラウドベースの業務に移行した。一方で、それを狙うサイバー攻撃も巧妙かつ激しくなっており、データ侵害の被害に遭う企業が急増している。

 サイバーセキュリティ業界の主要なベンチマーク「2021年 データ侵害のコストに関する調査レポート」では、その実態が明らかとなった。同調査では、日本を含む17の国と地域、17の業界で発生した537件のデータ侵害を対象に、約3500件のインタビューを通してデータ侵害の発見とその直後の対応のために組織が費やしたコストを調査している。

 それによると、データ侵害の平均総コストは前年比で10%近く増加し、過去最高額を記録。また、国・地域別に見ると、日本におけるデータ侵害コストはおよそ平均5億1000万円(469万ドル)で、グローバル平均の約4億6000万円(424万ドル)よりも高い結果となった。

 以降では、同レポートの「業界別のデータ侵害コスト」「最も多く見られた侵害の原因」などの観点で詳細な分析結果を紹介。また、AIやハイブリッドクラウド、ゼロトラスト手法などの採用によるデータ侵害コストに対する低減効果も解説していく。

photo

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

今必要な
セキュリティ対策

データ・ファブリックでデータ活用

AIを活用し
IT運用を自動化

AI/自動化で
業務プロセス改善

ハイブリッド
クラウド最前線

ハイブリッドクラウドの傷みを解決

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!