開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/03/11

ランサムウェアが依然1位、サプライチェーン攻撃の増加、サイバー脅威の最新動向

長引くパンデミックに地政学的な変化と不安定な情勢が続く中、2021年の脅威アクターはそれらに乗じて、さまざまな攻撃を繰り出してきた。ランサムウェア攻撃の割合は減ったものの、最も多発した攻撃タイプとして上位に位置し、サプライチェーンの脆弱性が標的となり、製造業が攻撃対象のトップとなった。また、侵入手口としてフィッシング詐欺が増加し、最初のアクセスの41%を占めている。国家主導型サイバー犯罪者グループなどの脅威アクターの存在も留意しておきたい。本書は、2021年におけるサイバー脅威についての分析結果をまとめている。その詳細な攻撃手口や動向、今後の対策などについて解説する。

【2022年最新版】サイバー脅威レポート(完全版:全50ページ)

世界最大規模のセキュリティ研究開発機関 IBM Security X-Forceでは、セキュリティ動向を調査したレポートを毎年公開している。 その最新版となる本資料では、2021年に観測されたサイバー攻撃のデータから今後のセキュリティー戦略の強化に役立つヒントを解説する。
photo

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

今必要な
セキュリティ対策

データ・ファブリックでデータ活用

AIを活用し
IT運用を自動化

AI/自動化で
業務プロセス改善

ハイブリッド
クラウド最前線

ハイブリッドクラウドの傷みを解決

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!